11月の季語と手紙の挨拶文<書き出しと結びの言葉・はがき文例>

11月の季語と手紙の挨拶文(書き出しと結びの言葉)をまとめてあります。◇11月の季語◇11月の手紙の書き出し文◇11月の結びの挨拶◇11月の時候の挨拶(初旬・中旬・下旬)◇お知らせハガキ文面――など、手紙やはがきを書くときにそのまま使えるように例文や写真も載せてあります。

スポンサーリンク


まず最初に、11月の季語を使った手紙の冒頭文(の候)から解説します。

11月の季語と時候の挨拶

黄葉

向寒の候/季秋の候/晩秋の候/暮秋の候/凄涼の候/前寒の候/落葉の候/冷雨の候/深秋の候/夜寒の候/菊花の候/残菊の候/

11月の季語の読み方ですが、候は「こう」と読みます。向寒の候は「こうかんのこう」。以下、季秋(きしゅう)晩秋(ばんしゅう)暮秋(ぼしゅう)凄涼(せいりょう)前寒(ぜんかん)落葉(らくよう・おちば)冷雨(れいう)深秋(しんしゅう)夜寒(よさむ)菊花(きっか)残菊(ざんぎく)

季語を使った11月の時候の挨拶は、プライベートな文書では「向寒の候、いかがお過ごしでしょうか」「落葉の季節になってまいりました」、ビジネス文書の場合は「晩秋候、貴社ますますご繁栄のこととお喜び申しあげます」などとします。

11月の手紙の書き出し文例

・ 夜寒が身にしみるころとなりました。
・ 菊の花も盛りを過ぎて冬もすぐそこまで来ています。
・ 深秋の候、いかがお過ごしでしょうか。
・ 落ち葉の散り敷く季節となりました。
・ 秋も深まり、日が短くなってまいりました。
・ うららかな小春日和が続いています。
・ 菊花薫る十月。お元気でお過ごしですか。
・ 菊の花が今を盛りに咲いています。お変わりなく、お過ごしでしょうか。
・ 街路樹が秋色に染まっています。
・ あちこちに熟した柿の実を見かけるようになりました。

11月の手紙の書き出しは、季節感を表わす挨拶文を最初に持ってきて、先方の安否を気づかう言葉を添えます。「秋も深まり、いかがお過ごしですか」「サザンカの咲く季節になりました。お変わりありませんか」など。

ビジネス文書の場合は、拝啓・謹啓・拝復などの頭語(とうご)から入り、時候の挨拶(の候)を続けたら、そのまま主文(用件)に入ります。「拝啓 向寒の候、貴社ますますご隆盛のこととお喜び申し上げます。さて、さっそくですが~」など。時候のあいさつは書かずに「謹啓 時下ますますご盛栄のこととお喜び申し上げます。さて、このたびは~」としても問題ありません。

結びの言葉(11月)例文

・ 前寒の候、お元気でお過ごしください。
・ 向寒のおりから、どうぞご自愛ご専一に。
・ 冬めく風も吹きはじめました。お風邪などひかれませんように。
・ 師走に向けて、ますますのご活躍をお祈り申し上げます。
・ めっきり冷え込むようになりました。くれぐれもご自愛ください。
・ 今年は冬の訪れが早いと聞きます。お体を大切にお過ごしください。
・ 実りある晩秋をお過ごしください。

11月の手紙の結びは、季節の挨拶を入れたあと「ご自愛専一に。」「お風邪などめしませんように。」などの言葉を添えます。「向寒のみぎり、くれぐれもご自愛ください。」「日を追うごとに寒さが厳しくなってまいります。お風邪などめしませんように。」といった言葉で結びます。

ビジネス文書の場合は文末には時候の挨拶は入れません。用件を書いたあと「まずは書面にてお返事まで。」「とり急ぎごあいさつまて。」「まずは略儀ながら書中をもちまして、お礼申しあげます。」などの言葉で締めくくります。

スポンサーリンク


11月の手紙の挨拶文(初旬・中旬・下旬)

紫式部

時候の挨拶は、初旬・中旬・下旬とか、月の前半・月の後半などと、無理に表現を変える必要はありません。11月なら「晩秋の候ますますご清祥のこととお喜び申しあげます」と、冒頭に、11月の季語を使った「の候」を入れておけば大丈夫です。初旬・中旬・下旬と使い分けるのであれば、11月の行事や風物詩などを時候の挨拶に織り込むと、11月らしい季節感が表わせます。

◇11月初旬の時候の挨拶文例…文化の日も過ぎ、/立冬も間近、/今年も文化勲章のニュースを聞く時節になりました。◇11月中旬の時候の挨拶文例…ボジョレー・ヌーヴォー解禁/七五三の季節になりました。/菊花展の季節到来。◇11月下旬の時候の挨拶文例…小雪も過ぎ、/勤労感謝の日を迎え、/来週からはいよいよ師走、

11月の別名や昔の呼び名(和風月名)

紅葉

11月の昔の呼び名(和風月名=わふうげつめい)を季語に使って手紙の書き出しに入れると、ひと味違った風流な挨拶文になります。

11月の代表的な和風月名は「霜月」。読み方は「しもつき」。意味は、霜が降りる月、というところからきています。平安時代後期の歌学書『奥義妙』(おうぎしょう)に「霜しきりに降るゆゑに、霜降り月といふを誤れり」という記述が見られます。

11月の別名には次のような呼び名があります。

神楽月(かぐらづき)葭月(かげつ)神帰月(かみきづき)建子月(けんしづき)広寒(こうかん)黄鐘(こうしょう)朔易(さくえき)三至(さんし)十一月(しもつき)霜月(しもつき)冷(しもつき)辜(しもつき)辜月(しもつき)霜見月(しもみつき)周正(しゅうせい)盛冬(せいとう)達月(たっつき)短至(たんし)仲秋(ちゅうしゅう)暢月(ちょうげつ)天正月(てんしょうがつ)天泉(てんせん)冬半(とうはん)子月(ねづき)子月(ねのつき)畢辜(ひっこ)復月(ふくつき)雪帰月(ゆききづき)雪待月(ゆきまちづき)雪見月(ゆきみづき)陽復(ようふく)六呂(りくりょ)龍潜月(りゅうせんげつ)

11月:外国語の呼び方

11月は英語では「November」(ノベンバー)。Novem は nini(ナイン=9)の意味で、ローマ歴では九番目の月に当たりますが、シーサーの名をとって七月を July(ジュライ)とし、アウグスツスが八月を August(オーガスト)としたので、二か月ずれて十一月になったと言われています。

11月の外国語の呼び方…英語(November)ノベンバー/フランス語(novembre)ノヴァンブル/ドイツ語(November)ノーヴェムバー/ロシア語(ноябрь)ナヤーブリ/イタリア語(novembre)ノヴェンブレ/スペイン語(noviembre)ノビエンブレ/ポルトガル語(novembro)ノヴェンブロ/中国語(十一月)シーイーユエ

お知らせはがき文例<11月>食事会の案内状

お知らせはがき文例(11月)

11月に定年退職する恩人を囲んた食事会の案内はがきを作りました(上記の写真)構成は、季節の挨拶から入って、安否を尋ね、本題で用件を伝えたあと、相手を誘う言葉を添えて、文末に「まずはお知らせまで」と書いて結びました。

お知らせはがきの文面は以下のとおり。実際は縦書きです。

日ごとに秋が深まってまいりました。お元気でお過ごしのことと思います。さてこのたび、十一月二十日で興本学習センターを定年退職される増田さんを囲んで食事会を開くことになりました。メンバーは花畑で仕事をしたときの一期生。場所は竹ノ塚駅西口から徒歩二分の花水木。日時は十一月二十五日(金曜日)午後六時から午後八時まで貸切。参加費は食事代と記念品代で四千円。増田さんを囲んで大いに盛り上がりたいと思います。お忙しいとは思いますが、ぜひご出席ください。お待ちしています。まずはお知らせまで。

10月の季語と時候の挨拶12月の季語と時候の挨拶

スポンサーリンク