1月の季語と挨拶文<手紙の書き出しと結びの言葉・はがき例文>

1月の季語と挨拶文(手紙の書き出しと結びの言葉)をまとめてあります。◇1月の季語◇1月の手紙の書き出し文例◇1月の結びの挨拶◇1月の手紙の挨拶文(初旬・中旬・下旬)◇新年会の案内はがき文例――など、手紙やはがきを書くときにそのまま使えるように雛形や写真も載せてあります。

スポンサーリンク


それでは、1月の季語を使った手紙の書き出し(の候)から解説していきます。

1月の季語と時候の挨拶

門松

厳寒の候/酷寒の候/厳冬の候/大寒の候/中冬の候/孟冬の候/頌春の候/初春の候/新春の候/迎春の候/新陽の候/年始の候/

1月の季語の読み方ですが、候は「こう」と読みます。厳冬の候は「げんとうのこう」。以下、酷寒(こっかん)厳冬(げんとう)大寒(だいかん)中冬(ちゅうとう)孟冬(もうとう)頌春(しょうしゅん)初春(しょしゅん)新春(しんしゅん)迎春(げいしゅん)新陽(しんよう)年始(ねんし)

季語を使った1月の時候の挨拶は、ビジネス文書の場合は「厳寒の候、貴社ますますご繁栄のこととお喜び申しあげます」、プライベートな文書では「初春の候、いかがお過ごしでしょうか」「大寒を迎え、寒さが身にしみる季節になりました」などとします。

1月の手紙の書き出し文例

・ 謹んで新年のお喜びを申しあげます。
・ 希望にあふれる新しい年を迎えました。
・ 一陽来復の春、お変わりなくお過ごしのことと存じます。
・ 七草もあわただしく過ぎてしまいました。
・ 寒の入りも過ぎ、寒さもいよいよ本番を迎えました。
・ 大寒を迎え、いよいよ冬将軍の到来。
・ 寒中お見舞い申しあげます。
・ 松飾りもとれ慌ただしい生活が戻ってまいりました。
・ 厳しい寒さが続きます。いかがお過ごしでしょうか。
・ 暖冬とはいえ、毎日厳しい寒さが続いています。

1月の手紙の書き出しは、新年や季節感を表わす挨拶文を文頭に持ってきて、先方の安否を気づかう言葉を添えます。「あけましておめでとうございます。おだやかなお正月をお迎えのことと存じます」「底冷えの毎日ですが、お変わりありませんか」など。

ビジネス文書の場合は、拝啓・謹啓・拝復などの頭語(とうご)から入り、時候の挨拶(の候)を述べたら、そのまま用件(主文)に入ります。「謹啓 新春の候、貴社ますますご隆盛のこととお喜び申し上げます。さて、さっそくですが~」など。時候のあいさつは省いて「拝啓 時下ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。さて、このたびは~」としても問題ありません。

結びの言葉(1月)文例

・ 極寒の候、お元気でお過ごしください。
・ 厳冬のおりから、くれぐれもご自愛ください。
・ 寒さはこれからが本番。お風邪などひかれませんように。
・ この一年が幸多き年となりますようお祈り申しあげます。
・ 今年もおだやかな一年となりますように。
・ 厳しい寒さが続きます。どうぞご自愛ご専一に。
・ 本年もどうぞよろしくお願い申しあげます。

1月の手紙の結びは、年頭にあたっての挨拶や季節に合わせた挨拶を入れたあと「ご自愛専一に。」「風邪などひかれませんようご留意ください。」などの言葉を添えます。「極寒の折から、ご自愛専一に。」「大寒を迎え、寒さはこれからが本番。くれぐれもお身体を大切に。」といった言葉で結びます。

ビジネス文書の場合は文末の時候の挨拶は不要です。用件を述べたあと「まずは書中にてお願いまで。」「とり急ぎご連絡まて。」「まずは書面にて、お知らせ申しあげます。」などの言葉でまとめます。

スポンサーリンク


1月の手紙の挨拶文(上・中旬・下旬)

蝋梅

時候の挨拶は、月の前半や月の後半、上旬・中旬・下旬などと、分ける必要はとくにありません。1月でしたら「酷寒のの候ますますご清祥のこととお喜び申しあげます」と、冒頭に、1月の季語を使った「の候」を入れておけば大丈夫です。上旬・中旬・下旬と使い分けるのであれば、七草・鏡開き・新年会・成人の日など1月の行事や風物詩などを時候の挨拶に入れると、1月らしい季節感のある挨拶文になります。

◇1月上旬の時候の挨拶文例…謹んで年頭のごあいさつを申しあげます。/寒の入りを迎え、/松飾りもとれ慌ただしい生活が戻ってまいりました。◇1月中旬の時候の挨拶文例…大学入試センター試験も間近。/大相撲も初場所を迎えました。/冬将軍の季節到来。◇1月下旬の時候の挨拶文例…亀戸天神の鷽替神事の季節になりました。/ニュースで各地の初天神の様子が伝えられる今日この頃、/寒中お見舞い申しあげます。

1月の別名や昔の呼び名(和風月名)

南天

1月の昔の呼び名(和風月名=わふうげつめい)を季語にして手紙の書き出しに使うと、ひと味違った風流な挨拶文になります。

1月の代表的な和風月名は「睦月」。読み方は「むつき」。睦月の語源や由来については諸説ありますが、正月は、貧富分け隔てなくお互いに親しく睦(むつ)み合う月、天地和睦(てんちわぼく=戦や争いをやめて仲睦(むつ)まじくする)月、などからきていると言われています。

1月の別名には次のような呼び名があります。

祝月(いわいづき)王春(おうしゅん)開歳(かいさい)開春(かいしゅん)解凍(かいとう)華歳(かさい)夏生(かせい)元月(がんげつ)規春(きしゅん)謹月(きんげつ)暮新月(くれしづき)月正(げっせい)献歳(けんさい)歳始(さいし)山陽月(さんようげつ)主月歳(しゅげつさい)首春(しゅしゅん)春孟(しゅんもう)初月(しょげつ)初節(しょせつ)始和(しんわ)人正(じんせい)青歳(せいさい)征月(せつげつ)泰月(たいげつ)太郎月(たろうづき)端月(たんげつ)地正(ちせい)天正(てんせい)年端月(としはづき)年初月(ねんしょげつ)発春(はっしゅん)初空月(はつそらづき)流行正月(はやりしょうがつ)芳歳(ほうさい)孟春(もうしゅん)孟陽(もうよう)履端(りたん)子日月(ねのひづき)

1月:外国語の呼び方

1月は英語では「January」(ジャニュアリー)。ローマ神話に出てくる「Janus」(ヤーヌス)という神の名前からとったと言われています。英語で発音すると「ジャーナス」。ヤーヌスは物事の始まりの神であることから一月の守護神とされていました。

1月の外国語の呼び方…英語(January)ジャニュアリー/フランス語(janvier)ジァンヴィエ/ドイツ語(Januar)ヤヌアール/ロシア語(январь)ヤフヴァーリ/イタリア語(gennaio)ジェンナイオ/スペイン語(enero)エネロ/ポルトガル語(janeiro)ジャネイロ/中国語(一月)イーユエ

お知らせはがき文例<1月>新年会の案内状

お知らせはがき文例(1月)

毎年、1月に仲間内で行なっている新年会の案内はがきを作りました(上記の写真)構成は、季節の挨拶から始めて、安否を尋ねたあと、本題に入って用件を伝え、相手を誘う言葉を添えて、返事の連絡先を伝え、文末に「まずは新年会のご案内まで」と書いて結びました。

新年会の案内はがきの文面は以下のとおり。実際は縦書きです。

あけましておめでとうございます。今年も新月の会のメンバーで新年会を行ないます。場所は草加駅西口から徒歩五分のインド料理店タージマハール。日にち…一月二十七日(金曜日)時間…午後六時から午後八時まで(貸切)参加費…四千円。タンドリーチキンとチーズナンが絶品!今年も大いに盛り上がりましょう。ぜひご参加ください。お待ちしています。返事は一月二十日までに野口までご一報ください(〇八〇―〇〇〇〇―〇〇〇〇〇)まずは新年会のご案内まで。

12月の季語と時候の挨拶2月の季語と時候の挨拶

スポンサーリンク