12月はがき礼状の例文|書き出しは師走の候・初冬の候・歳末の候…

12月に書くはがき礼状の例文(ビジネス・プライベート)をご紹介します。◇書き出し(師走の候・初冬の候・歳末の候)◇主文(お礼の言葉)◇末文(年末に向けてご多忙のことと存じます。どうぞご自愛のほどを。)◇結びの挨拶(まずは取り急ぎお礼まで。)――など、そのまま使える文章にまとめてあります。12月なのでビジネス・プライベートともに書く頻度が多い「お歳暮のお礼はがき」のひな型もそれぞれ作ってあります。

スポンサーリンク


12月の礼状はがき例文|前文の書き方(ビジネス・プライベート)

12月のはがき礼状(お歳暮のお礼)プライベート

12月に、はがき礼状を書く場合、ビジネス関係でしたら、前文の書き出しは、◇師走の候◇初冬の候◇歳末の候◇年末の候◇孟冬の候◇歳晩の候――などを使って「貴社ますますご隆盛のこととお喜び申し上げます」といった挨拶の言葉を続けます。

個人的なはがき礼状でしたら、12月は「今年も忘年会シーズンがやってきました。」「今年も残すところあと二週間となりました。」「師走とはよく言ったもの。気ぜわしい毎日です。」などの時候の挨拶から始めて「ご機嫌いかかですか。」といった言葉を添えます。

俳句を書き出しに使ってみるのもひとつの方法

俳句を書き出しに使ってみるのもひとつの方法です。たとえば12月でしたら、松尾芭蕉(まつおばしょう)の「年の市線香買ひに出てばやな」(としのいち せんこうかいに でてばやな)という俳句を使って、「年の市線香買ひに出てばやな(松尾芭蕉)このたびは、ご当地特産の伊勢海老をお贈りいただきまして、まことにありがとうございました。」などの書き出しにすると、上品な文章になります。ただしビジネス用のお礼はがきには不向きです。

12月の礼状はがき例文|主文の書き方とポイント

礼状はがきの主文のポイントは「具体的に書くこと」。たとえば西京漬けの詰め合わせを贈っていただいた場合は、「このたびはお心づくしのお歳暮の品をいただき…」と書くのではなく、「このたびは、本場京都の西京漬けをお贈りいただき…」というように、具体的な言葉でお礼の気持ちを伝えます。

ただし、仕事関係で、儀礼的なお歳暮をいただいた場合は、あまり具体的な内容を書くとかえって不自然な感じになるので、「このたびは、ごていねいにお歳暮の品を賜り、ご芳情のほど、厚くお礼申しあげます。」などとしたほうが無難です。

12月の礼状はがき文例|末文の書き方と結びの挨拶

結びの挨拶は、ビジネス関係のお礼はがきでしたら、季節の挨拶は入れずに「今度とも変わらぬご鞭撻を賜りますようお願い申しあげます。」などと書いて、「まずはお礼まで。」と締めくくります。

個人的なお礼はがきの場合、12月でしたら、文末は「ますます寒さが厳しくなってきます。ご自愛専一に。」といった季節の挨拶を入れて、「まずはお礼まで。」と結べば、そつなくまとまります。

12月の結びの言葉…【 上旬から中旬 】ますます寒さが厳しくなってまいります。風邪など召しませんように。/忘年会のシーズン、体調など崩されませんように。/なんとなく気ぜわしい毎日ですが、お体だけはじゅうぶんお気をつけください。/あわただしい年の暮れ、健康にはご留意ください。【 年末 】本年中は何かとお世話になりました。来年もよろしくお願いいたします。/よき年を迎えられんことを祈りつつ。/もうあと十日でお正月。良い年をお迎えください。/年末年始、おだやかに過ごされますように。

スポンサーリンク


12月の礼状はがき文例|ビジネス・プライベート

12月のはがき礼状(お歳暮のお礼)ビジネス

12月のはがき礼状の例文を作りました。ビジネスとプライベートの2種類。文面は下記のとおり。仕事関係は、お歳暮を届けてもらったお礼(上の印刷画像)。個人的なほうは、知人からお歳暮をいただいたハガキ礼状です(記事上部の写真)。原稿は横書きですが、縦書きを想定しています。「/」は改行の目安。

12月のお礼はがき文面|仕事関係…お歳暮のお礼

拝啓 師走の候、貴店ますますご隆盛のこととお喜び申しあげます。平素は格段のご高配をいただき、まことにありがとうございます。/さて、本日は、ごていねいなお歳暮の品をご恵贈いだきまして、心よりお礼申しあげます。ありがたくちょうだいいたしました。/日頃より賜っておりますご交誼に加えてのお心遣いに、たいへん恐縮しております。来年も引き続き変わらぬお引き立てくださいますよう専心よりお願い申しあげます。/まずは略儀ながらお礼まで。敬具

12月のお礼はがき文面|個人…お歳暮をいただいたお礼

師走とはよく言ったもの。気ぜわしい毎日です。/このたびはごていねいなお歳暮をありがとうございました。田代さんには毎年お心にかけていただき恐縮です。/クール宅急便の箱を開けて大きなフルーツパイが出てきたときは、娘二人、大はしゃぎ。/フルーツがてんここもりでパイ生地もサクサク。ひとあし早いクリスマスケーキに家族みんなで楽しいひとときを過ごすことができました。/今年も残すところあと二週間とちょっと。お風邪など召しませんように。/取り急ぎお礼まで

11月の礼状はがき文例1月の礼状はがき文例

スポンサーリンク