いかがお過ごしですかの言い換え例文と手紙での使い方

手紙で相手の安否を気づかう言葉「いかがお過ごしですか」の言い換え例文をビジネス文書や上司・目上の人に宛てる手紙にそのまま使えるようにまとめました。◇つつがなくお過ごしでしょうか。◇ご機嫌いかがでいらっしゃいますか。◇お変わりございませんでしょうか。◇お元気でいらっしゃいますか――などなど。そのほか「いかがお過ごしですか」の使い方(書き出し文例)や使ってはいけない場合についても解説します。

スポンサーリンク


いかがお過ごしですか。は書き出しの次にもってくる。

手紙では、書き出しで時候の挨拶を述べたあと、相手の安否をたずねる言葉を続けます。たとえば、11月の中旬に出す手紙でしたら「初霜の便りも聞かれる今日この頃、いかがお過ごしですか。」といった具合に書きます。この場合、「初霜の便りも聞かれる今日この頃、」が時候の挨拶で、「いかがお過ごしですか。」が、相手の安否をたずねる言葉になります。

いかがお過ごしですかの言い換え例文|丁寧な表現

食事会の案内はがき

ビジネス文書や上司・目上の人に宛てる手紙やはがきの中で、時候の挨拶の次にもってくる相手の安否をたずねる言葉「いかがお過ごしですか」「ご機嫌いかがですか」「お元気ですか」「お変わりありませんか」の言い換え例文を一覧にしました。丁寧な表現を使いたいときの常套句(じょうとうく)です。

いかがお過ごしですか。の言い換え例文

・いかがお過ごしでしょうか。・いかがお過ごしでいらっしゃいますか。・お障りなくお過ごしでいらっしゃいますか。・お障(さわ)りなくお過ごしでしょうか。・つつがなくお過ごしでしょうか。・つつがなくお過ごしのことと存じます。・つつがなくお過ごしでいらっしゃいますか。

ご機嫌いかがですか。の言い換え例文

・ご機嫌いかがでいらっしゃいますでしょうか。・ご機嫌うるわしくあらせられることと存じます。・ご機嫌いかがでいらっしゃいますか。・ご機嫌うるわしくお過ごしのことと存じます。・ご機嫌のほどいかがでございましょうか。

お元気ですか。の言い換え例文

・お元気でいらっしゃいますか。・お元気にてお過ごしでしょうか。・ご健勝にてお過ごしですか。・ご健勝にてお過ごしのことと存じます。・ご健勝にてお暮らしのことと存じます。・お健やかにお過ごしのことと存じます。・お健やかにお過ごしのことでございましょう。・お健やかにお過ごしでしょうか。・ますますご健勝ののことと拝察いたましす。・ますますご清栄のことと存じます。

お変わりありませんか。言い換え例文

・お変わりございませんでしょうか。・お変わりなくお過ごしのことと存じます。・ご無事にお暮らしでございますか。・お変わりなくお過ごしでしょうか。・お風邪など召されてはおりませんか。・お風邪など召されてはいませんでしょうか。・体調などくずされてはいらっしゃいませんか。

いかがお過ごしですかの言い換え文例|一般的な表現

忘年会のお誘いはがき

知人や友人などに宛てる手紙やはがきで、相手の安否をたずねる「いかがお過ごしですか」という言葉は、「お元気ですか」または「お変わりありませんか」という言葉に言い換えることができます。「いかがお過ごしですか」の言い換えに使える慣用句を一覧にしましました。

お元気ですか。言い換え文例

・お元気ですか。・元気でやっていますか。・お元気にお過ごしでしょうか。・お元気でいらっしゃいますか。・お元気でお過ごしですか。・お元気でいらっしゃいますか。・お元気でしょうか。・お元気でご活躍のことと存じます。

お変わりありませんか。言い換え文例

・お変わりありませんか。・お変わりございませんか。・お変わりなくお過ごしでしょうか。・お健やかにお過ごしですか。・体調を崩していませんか。・風邪などひかれていませんか。・お風邪など召されてはいませんか。

いかがお過ごしですか。を使ってはいけない場合

いかがお過ごしですか。を使ってはいけない場合もあります。お悔やみの手紙、お見舞いの手紙、死亡を知らせる手紙、葬儀に参列していただいたお礼の手紙、そのほか緊急の要件を伝える手紙などは、時候の挨拶と相手の安否をたずねる言葉は省略します。たとえば、お悔やみの手紙の書き出しに「さわやかな秋晴れの日が続いています。お元気でいらっしゃいますか。」などと挨拶文を書いたら(身内を亡くした)相手に対して、たいへん失礼にあたります。

いかがお過ごしですか|手紙での使い方(前文の文例)

手紙の前文(書き出しの時候の挨拶と相手の安否をたずねる言葉)を◇仕事で出す手紙◇目上や上司に宛てて出す手紙◇知人や友人に宛てた手紙――の3パターン用意しました。1月から12月まで月ごとに文例をまとめてありますので、そのままお使いいただけます。

仕事で出す手紙|書き出し文例

(1月)厳寒の候(2月)余寒の候(3月)早春の候(4月)陽春の候(5月)新緑の候(6月)梅雨の候(7月)盛夏の候(8月)晩夏の候(9月)初秋の候(10月)仲秋の候(11月)晩秋の候(12月)初冬の候

●の候、皆様にはますます健勝のこととお喜び申しあげます。/●の候、ご一同様にはますますご清祥のことと拝察いたします。/●の候、ますますご壮健でご活躍の由、何よりと存じます。/●の候、ますますご勇健の段、慶賀の至りに存じます。

仕事で出す手紙の場合は、相手の安否を気づかうというよりも、相手の繁栄や健康を喜ぶ、といった形式の慣用句を使います。どちらかというと「形式的」な意味あいが強いです。

(文例)早春の候、皆様にはますます健勝のこととお喜び申しあげます。/新緑の候、ご一同様にはますますご清祥のことと拝察いたします。/晩秋の候、ますますご壮健でご活躍の由、何よりと存じます。/余寒の候、ますますご勇健の段、慶賀の至りに存じます。

目上や上司に宛てて出す手紙|書き出し文例

(1月)寒さが一段とつのってまいりましたが、いかがお過ごしでいらっしゃいますか。(2月)立春とはいえ、まだまだ厳しい寒さが続いております。お変わりなくお過ごしでしょうか。(3月)花のつぼみもほころぶ季節となりました。つつがなくお過ごしでしょうか。(4月)花吹雪舞う季節となりました。お健やかお過ごしのことと存じます。(5月)すがすぎしい若葉の季節となりました。お変わりございませんでしょうか。(6月)うっとうしい長雨が続いておりますが、体調をくずされてはおりませんか。

(7月)日ごとに暑さがつのってまいります。ご健勝にてお過ごしですか。(8月)暦の上では立秋を過ぎましたが、いまだ残暑の厳しい毎日。お元気でいらっしゃいますか。(9月)九月も半ばを過ぎ、ようやく秋めいてまいりました。お障りなくお過ごしでいらっしゃいますか。(10月)すがすがしい秋晴れの続く毎日、お元気にてお過ごしでしょうか。(11月)紅葉の美しい季節となりました。お健やかにお過ごしのことと存じます。(12月)初雪の便りが届くようになりました。ご機嫌のほどいかがでございましょうか。

知人や友人に宛てた手紙|書き出し文例

(1月)底冷えの毎日ですが、いかがお過ごしですか。(2月)残暑の中にも梅の便りが聞かれる時節となりました。お変わりありませんか。(3月)桃の節句も過ぎ、春らしくなってまいりました。お元気でお過ごしですか。(4月)うららかな春日和になりました。お元気ですか。(5月)風薫る五月、お変わりなくお過ごしでしょうか。(6月)梅雨明けが待ち遠しい今日この頃、体調を崩していませんか。

(7月)夏本番となりました。元気でやっていますか。(8月)立秋とは名ばかり。うだるような残暑が続いています。お変わりございませんか。(9月)日中はまだ夏の名残を感じますが、ようやく秋めいてまいりました。お元気にお過ごしでしょうか。(10月)朝夕はめっきり冷え込んできました。風邪などひかれていませんか。(11月)日ごとに秋が深まってきました。お元気でいらっしゃいますか。(12月)寒さが身にしみる季節になりました。お健やかにお過ごしですか。
 

スポンサーリンク