借金を断る手紙の文例とひな型<友人・親戚・兄弟>

借金を断る手紙の文例とひな型を書き方のポイントを交えながら◇友人からの借金を断る◇親戚からの借金を断る◇兄弟からの借金を断る――ときの断り状を紹介しています。文面は三事例。断りの手紙に使える相手を思いやる言い換えや言い回しなどの例文も載せています。

スポンサーリンク


借金の申し出を断る手紙の書き方とポイント

借金を断る手紙

借金の申し出を断るのは気が重いもの。ついつい書くのがおっくうになりがちですが、返事を引き伸ばしていると、こちらが承諾したものと思われてしまいます。また時期を逸すると相手に迷惑をかけてしまうことにもなりかねません。即断即決、借金の断り状はなるべく早く返事を書くのがポイントです。

断ると決めたらきっぱりと断ること。あいまいな表現は使わずに、きっぱりと断りの意志を伝えること。単純明快を旨とします。ただし相手を思いやる言葉は必ず添えてください。「子どもの学費でお金に余裕がないので」「住宅ローンで工面できそうにないので」など。断る理由がないときは多少の嘘も方便です。

こちらには落ち度はないのですが、相手をがっかりさせることになるので、お詫びの言葉も必ず入れます。時候の挨拶は省略します。そして書いたあとは必ず読み返すこと。断りの理由が妥当かどうか、あいまいな言い回しになっていないか、相手をおもんぱかっているか、など。内容が内容なので、はがきはタブーです。必ず封書で出してください。
 

借金を断る手紙の構成
1.頭語…拝復
2.前文…時候の挨拶は省略
3.主文…相手の窮状を思いやる言葉
4.本題…断りの言葉と事情説明
5.末文…お詫びの言葉と相手の健闘を祈る言葉
6.結び…結びの挨拶や季節の言葉も省略
7.結語…敬具

 
借金の申し出を断る手紙の構成は、拝復から書き始めて時候の挨拶は省略。まず相手の立場に同情する→力になりたいが力になれない(きっぱりと断りの意志を示して理由も伝える)→お詫びの気持ちを伝える→相手の健闘を祈る→敬具で締めくくる、という流れでまとめます。

友人からの借金の申し出を断る手紙の文例

拝復 お手紙を拝読し、ご事情深くお察しいたします。至らぬ私のような者にまでおすがりくださいますのは、よくよくのご胸中と存じます。

 私にもそのような経験がありますので、なんとかしてお力になりたいものと、やり繰りの方策を考えてみましたが、どうしてもご用立てすることができません。

 舞台裏をお見せするようでお恥ずかしいのですが、株に手を出した結果、貯金をすべてはたいてしまったというようなありさまで、哀れの一語に尽きる有様です。

 頼みがいのない、と思し召しのことと存じますが、何とぞお察しいただき、お許しくださいますようご了承ください。

 まずは不本意ながら、お心に添えぬお詫びまで。

敬具

親戚からの借金の申し出を断る手紙の文例

拝復 お手紙読ませていただきました。おばさまがそのような状況になっているとはつゆ知らず、たいへん驚きました。胸中お察しいたします。私にご依頼があるとは、よくよくのことと存じます。

 ほかならぬおばさまのご依頼ですので、なんとかお力になりたいのはやまやまなのですが、我が家も莉佳と佐也加が大学・高校と物入りで、こちらの家計も火の車です。私もパートに出てなんとかやり繰りしているしだいです。

 ふがいないかぎりですが、お申し出の金額を工面することはできそうにありません。これまでお世話になりながら、おばさまのご期待を裏切る結果となり、心苦しいかぎですが、なにとぞ事情をおくみとりのうえ、ご容赦願います。

 まずは不本意ながらお返事まで。

敬具

兄弟(義理の兄)からの借金の申し出を断る手紙の文例

拝復 お手紙拝見いたしました。お兄さまがお困りのご様子も目に浮かび、ご同情申しあげます。さっそく主人とも相談いたしました。

 私としてはなんとか貸してさしあげたいと思っているのですが、主人は、ないものは貸せないという態度で、とりつく島もありません。じつは先日、浴室のリフォームをしたところ、予算を大幅にオーバーしてしまい、私もやり繰りに悩んでいるしだいです。

 お兄さまからのお頼みなのに、お力になれずに寂しいかぎりです。ほんとうに申しわけありません。あしからずご了承ください。

 まずはとりあえずお返事まで。

敬具

断りの手紙に使える言い換えや言い回し例

断りの手紙に使える言い換え・言い回し…まことにお恥ずかしいかぎりですが・まことにふがいないかぎりですが・まとに情けないかぎりですが、ご期待には添えません。/事情をご賢察のうえ何とぞご容赦願います。/ご期待には添いかねますが、どうかご容赦願いたく存じます。/ほかならぬ○○様のお申し出ですので、ぜひなんとかお力になりたいところですが、/お断りするのは心苦しいのですが、お許し願います。

 

スポンサーリンク