皇居乾通り春の一般公開へのアクセス|2018年は3月24日~4月1日

2018年の皇居乾通り(いぬいどおり)春の一般公開について◇実施期間◇入門時間◇待ち時間◇アクセス◇最寄り駅◇駐車場◇トイレ◇テレホンサービスの電番号――などの情報をまとめました。2018年の春の皇居乾通り一般公開は3月24日・土曜日から4月1日・日曜日まで。入門時間は午前10時から午後3時30分――

スポンサーリンク

皇居乾通り<2018年>春の一般公開について


2018年(平成30年)春季皇居乾通り一般公開の実施期間は、3月24日(土)から4月1日(日)までの9日間。入門時間は午前10時から午後3時30分まで。入門は坂下門から。退出は乾門・大手門・平川門・北桔橋門から。待ち時間・開花状況などの詳細は 宮内庁ホームページ またはテレホンサービス(03-3284-6780)で確認できます。

皇居乾通り一般公開<春>入門と退出

平成30年(2018年)皇居乾通り春の一般公開の入門時間は10時から15時30分。入門場所は坂下門のみ。入門のさいに手荷物検査とボディーチェックが行なわれます。退出は乾門・大手門・平川門・北桔橋門の4箇所。入門時間は15時30分までですが、混雑状況によっては待ち時間が30分以上になる場合もあるほか、最寄駅から坂下門まで徒歩30分近くかかることもありますので、遅くとも午後2時までには着くようにしたほうが無難です。乾門からの退出時間は午後4時まで。東御苑からの退出は午後4時30分まで。

スポンサーリンク

一般公開コース(通り抜け)とトイレの場所

コース 皇居乾通り一般公開のコースは一方通行(通り抜け)になります( 皇居乾通り一般公開コース )。見学の途中に戻ることはできません。坂下門(入門)→宮内庁庁舎→蓮池濠(皇居東御苑前)→西桔橋(にしはねばし)→乾門(退出)というのが一般的な見学コースになります。トイレは、坂下門・蓮池濠・西桔橋にあります。救護室・迷子遺失取得物取扱所・案内所も設けられています。

皇居乾通りへのアクセスと最寄駅

皇居乾通りへのアクセスは電車を利用します。入門(坂下門)の最寄駅…(JR)東京・有楽町(千代田線)二重橋前・大手町・日比谷・霞ヶ関(三田線)大手町・日比谷(半蔵門線)大手町(東西線)大手町(丸の内線)大手町・東京・霞ヶ関(有楽町線)有楽町・桜田門

退門(乾門)の最寄駅…(JR)飯田橋・市ヶ谷・東京・神田(千代田線)大手町(三田線)神保町・大手町(半蔵門線)九段下・半蔵門・神保町・大手町(東西線)大手町・飯田橋(丸の内線)大手町・東京(有楽町線)飯田橋・麹町・市ヶ谷(新宿線)九段下・神保町・市ヶ谷(大江戸線)飯田橋(南北線)飯田橋め市ヶ谷

皇居の場所(地図)と駐車場について

東京都千代田区千代田1-1

拡大地図を表示

皇居(乾通り)の場所は上記地図(Googleマップ)で調べられます。皇居(乾通り)には駐車場はありません。周辺道路での駐停車も禁止です。周辺道路には警察官や宮内庁職員が警備と整理・誘導にあたっていますので、路上駐車や道路上での乗降車もできません。どうしても車で行く場合は、皇居(乾通り)周辺の有料駐車場(コインパーキング)を利用することになりますが、満車のところが多く、車の利用は避けたほうが無難です。
 

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。