都知事選・街頭演説の要旨|小池百合子・増田寛也・鳥越俊太郎

都知事選(2016年7月31日)に立候補している主要候補者◇小池百合子(こいけゆりこ)◇増田寛也(ますだひろや)◇鳥越俊太郎(とりごえしゅんたろう)――三氏の街頭演説の内容を抜粋してまとめました。選挙戦の最新ニュース動画(YouTube)も載せています。

スポンサーリンク


都知事選<2016年>選挙戦の最新ニュース動画(YouTube)

小池百合子|都知事選の街頭演説内容(抜粋)

2016年7月21日(木)東京・青梅市で行なわれた小池百合子氏(64歳)街頭演説の内容の抜粋…『はじめての女性都知事を目指し、そして、女性も 男性も 子どもも 大人も お年寄りも 障害を持った人たちも この東京で、生き生きと暮らせる、やりたいことがやれる、そて、やれない時にはみんなで助ける、そんな東京をつくってまいりますので、どうぞ皆さん、この輪をお広げください。都知事は政党が決めるのではない、組織が決めるのではありません、みなさんの一票が決めます』

増田寛也|都知事選の街頭演説内容(抜粋)

2016年7月21日(木)東京・江戸川区で行なわれた増田寛也氏(64歳)街頭演説の内容の抜粋…『お子さんをお持ちの皆さん方、待機児童は8,500人いると言われていますが、けっしてそんなもんじゃない、まだまだいっぱいいらっしゃるんです。これをどうやって解決するか? (私は)都議会に子育ての予算を上程する、補正予算で……増額する。都議会に始めから解散だなんて、そんなけんかをふっかけたら、そんなことできますか? できないでしょう!私は都議会とそうしたことをしっかりと議論していきたい』

鳥越俊太郎|都知事選の街頭演説内容(抜粋)

2016年7月21日(木)東京・中野区で行なわれた鳥越俊太郎(76歳)街頭演説の内容の抜粋…『発想を変えていかなきゃいけない。(私が)ほかの候補と違うところはそこなんです。綿は税金の使い方を発想を変えて、困ったひとたち、そういう人たちのために東京都民の税金をちゃんと使っていきます。また、私がもし都知事に就任しましたら、最初の仕事は「非核都市宣言」これをぜひ実現したい。いかがてすか皆さん!賛成の方、ぜひ手を挙げてください』
 
小池百合子氏・増田寛也氏・鳥越俊太郎氏のほか全部で21人の方々が立候補している都知事選挙。投開票日は2016年7月31日(日)です( 東京都知事選<2016>立候補者一覧

都知事選(2016年)話題の最新ニュース

2016年7月21日(木)。都知事選に立候補している鳥越俊太郎氏について、過去に女性をめぐる疑惑があったと、週刊文春が2016年7月21日発売の7月28日号で報じたことに対し、鳥越氏側は事実無根として、公職選挙法違反と名誉毀損の疑いで、東京地裁に刑事告訴しました。これに対し週刊文春側は「記事にはじゅうぶん自信をもっている」とコメントしています。

同日、都知事選に立候補している小池百合子氏に対してインターネット上(ツイッター)で小池氏を脅す書き込みをしたとして愛知県に住む40代の男が逮捕されました。男は「ツイッターに書き込んだことに間違いない」と容疑を認めています。
 

スポンサーリンク