ヘクソカズラの花を写真と動画で撮りました。臭いは臭くないです。

ヘクソカズラ

ヘクソカズラの花を写真と動画で撮ってきました。撮影した画像や映像をまじえながら、名前の由来や花言葉・誕生花、俳句や和歌などをご紹介します。ヘクソカズラ(屁糞葛)の別名はヤイトバナ(灸花)サオトメバナ(早乙女花)など。ヘクソカズラは臭いと言われていますが、実際にどんな匂いがするのか、花や葉っぱや茎の臭いをかいでみましたが、臭くなかったです。
続きを読む…

10月の俳句と季語|白菊の目にたてて見る塵もなし(松尾芭蕉)ほか30句

菊

10月の俳句と季語を選りすぐりました。全30句。10月の手紙にも使えるように、上旬・中旬・下旬ごとに分け、手紙を受け取った相手に、より季節感が伝わるような俳句を選んであります。たとえば10月の下旬に出す手紙やはがきに俳句を入れるなら「白菊の目にたてて見る塵もなし」(松尾芭蕉)。そしてこの句を使ってお礼状を書くとしたらこんな文面になります――
続きを読む…

9月の俳句と季語|曼珠沙華消えたるくきのならびける(後藤夜半)ほか30句

彼岸花

9月の俳句と季語を選りすぐりました。全30句。9月の手紙にも使えるように、上旬・中旬・下旬ごとに分け、手紙を受け取った相手に、より季節感が伝わるような俳句を選んであります。たとえば9月の下旬に出す案内はがきに俳句を入れるなら「曼珠沙華消えたるくきのならびけり」(後藤夜半)。そしてこの句を使って挨拶文を書くとこんな文面になります――
続きを読む…

7月の俳句と季語|ざぶざぶと索麺さます小桶かな」(村上鬼城)ほか30句

お中元(そうめん)

7月の俳句と季語を選りすぐりました。全30句。7月の手紙にも使えるように、上旬・中旬・下旬ごとに分け、手紙を受け取った相手に、より夏らしい季節感が伝わるような俳句を厳選。たとえば7月の上旬に出す手紙やはがきに俳句を入れるなら「ざぶざぶと索麺さます小桶かな」(村上鬼城)。そしてこの句を使って、お中元のお礼はがきを書くと次のような文面になります――
続きを読む…

8月の俳句と季語|朝顔や濁り初めたる市の空(杉田久女)ほか30句

朝顔

8月の俳句と季語を選りすぐりました。全30句。8月の手紙にも使えるように、上旬・中旬・下旬ごとに分け、手紙を受け取った相手に、より季節感が伝わるような俳句を選んであります。たとえば8月の中旬に出す手紙やはがきに俳句を入れるなら「朝顔や濁り初めたる市の空」(杉田久女)。そしてこの句を使って挨拶文を書くとしたらこんな感じになります――
続きを読む…

潮干狩りの歴史や季語などの雑学と人気スポット紹介

潮干狩り

潮干狩りの歴史や季語などの雑学と人気スポットをまとめました。潮干狩りの歴史は平安時代に遡りますが、庶民の行楽になったのは江戸時代から明治時代にかけて。中でも旧暦三月三日は大潮と呼ばれ潮干狩りに最適な時期とされてきました。俳句では春の季語に使われます。以下、人気スポットもまじえて潮干狩りに関する雑学をご紹介します。
続きを読む…