花といえば俳句では桜。花見・花曇・落花…。花を季語にした俳句一覧

花といえば俳句では桜

花といえば俳句では桜。「初花」「花見」「花曇」「花衣」「花冷え」「花時」「落花」「花疲れ」……。俳句では春の季語になります。花を季語に使った俳句を一覧にしてまとめました。すべての句と俳人にはふりがなも振ってあります。花見スポットで撮影した桜の写真も挿入。花=桜を使った俳句で有名なのは、松尾芭蕉の「四方より花吹き入れて鳰の海」(しほうより はなふきいれて におのうみ)―― 俳句では花は桜 俳

続きを読む