6月の礼状はがき文例|前文は初夏の候・入梅の候・梅雨の候…

6月の礼状はがき文例

6月に書くはがき礼状の文例(ビジネス・プライベート)をご紹介します。◇前文(初夏の候・入梅の候・梅雨の候)◇主文(お礼の言葉)◇末文(うっとうしい毎日ですが…)◇締めの言葉(まずは取り急ぎお礼まで)――など、そのまま使える文面にまとめてあります。 6月のはがき礼状|前文の書き方(ビジネス・個人) 6月に、はがきで礼状を出す場合、改まったビジネス文書でしたら、前文の時候の挨拶には、◇初夏の候

続きを読む

6月の季語とあいさつ文<手紙の書き出しと結びの言葉>

6月の季語

6月の季語と手紙のあいさつ文(書き出しの言葉と結びの言葉)をご紹介します。◇6月の季語◇6月の手紙の書き出し文例◇結びの挨拶文例(6月)◇6月の手紙の挨拶文(初旬・中旬・下旬)◇6月の季語を入れたはがき文例――など、手紙を書くときにそのまま使えるように分かりやすくまとめてあります。 まず始めに、6月の季語を使った手紙の冒頭挨拶(の候)について解説します。 6月の季語と時候の挨拶 6月

続きを読む