酢トマトの作り方|材料はトマト・蜂蜜・黒酢

酢トマトの作り方を手順を追って画像とともに紹介します。材料は、トマト・ハチミツ・黒酢。そのほかにガラスの保存瓶を用意します。黒酢がない場合はリンゴ酢や米酢などでも代用できます。ハチミツのかわりにお砂糖を使ってもかまいません。作り方も簡単。作ってすぐに食べられますが一晩置くと味が馴染んでよりおいしくいただけます。

Ads by Google

酢トマトの材料

酢トマトの材料 酢トマトの材料は、トマト(大)2個・ハチミツ大さじ3杯~4杯・黒酢100cc。それと広口瓶の保存容器を用意します。

トマト トマトは完熟したものを選ぶことをおすすめします。今回は皮ごと使いますが、トマトの皮が気になるかたは、湯剥きして皮をむいてください。

黒酢とハチミツ 甘みをつけるためにハチミツを使いますが、お砂糖でもおいしくできます。甘みを控えめにするか甘くするかは、記載した分量を基準に、お好みで調節してください。

保存容器は煮沸消毒

広口保存瓶 酢トマトを保存するの必要なのが保存容器。今回は100円均一のダイソーで売っていた広口の保存容器を使いました。本体はガラス製。酢トマトを入れる前に必ず煮沸消毒してから使ってください。

Ads by Google

酢トマトの作り方

ざく切りトマト それでは酢トマトの作り方を手順をおって説明していきます。まず、トマトをざく切りにして保存瓶の中に入れます。今回は大きめのトマト(Lサイズ)を二つ使いました。

トマト酢の作り方 続いてハチミツをお好みで加えます。はじめに大さじ二も三杯加えて、材料が全部加わり、最後の仕上げの段階で味をみてからもう少し加えるなどの調節をするとおいしくできます。

黒酢 次にお酢を加えます。今回は黒酢を 100cc 使いましたが、お酢はお好みのものでけっこうです。お酢の種類によって多少、酸味の違いがありますので、ハチミツやお砂糖の量で調節してください。

酢トマトレシピ 黒酢の分量は 100cc としましたが、ざく切りしたトマトがヒタヒタに漬かるくらいを目安にしてください。

酢トマト完成 材料をすべて入れたら、軽くなじませ、最後に味の調節をします。酸味が際立つようならハチミツまたは砂糖を少しずつ足します。このとき一度口をつけたスプーンを再び容器に入れて雑菌が入るなどということがないよう注意してください。清潔な状態なら酢トマトは冷蔵庫で10日間ほど保存できます。

酢トマトの完成

酢トマトの出来上がり 数分たつとトマトとお酢が馴染み始めて、トマトの水分と栄養分がお酢に溶け出してきます。これで酢トマトの完成です。すぐに食べられますが、一晩置いたほうが、味が馴染んでおいしくいただけます。

酢トマトの食べ方

酢トマト 酢トマトの食べ方ですが、火を通さずに、そのままいただきます。麺つゆと合わせてドレッシングにしたり、素麺のつけダレにしたり、お肉やお魚のソースとしても活用できます。酢トマトの味はフルーティーなので、ヨーグルトにトッピングするのもおすすめです。美肌やダイエットのほか血圧対策にも効果が期待できる酢トマト。ぜひお試しください。

酢トマトを使った簡単レシピ

唐揚げに酢トマトソース 酢トマトを使った簡単レシピをご紹介します。酢トマトとめんつゆを合わせて唐揚げにトッピングするだけ。トマトとお酢の甘酸っぱい酸味が唐揚げにピッタリ。ビールのつまみにも最適です。
 

Ads by Google

コメントは受け付けていません。