酢キャベツの作り方を写真とともに解説しています。

酢キャベツの作り方を写真とともに解説します。作り方は簡単。材料はキャベツとお酢だけ。千切りにしたキャベツをチャック付きのビニール袋(ジップ袋)に入れて、お酢を注ぎ、冷蔵庫で1週間ほど冷蔵保存したらできあがり。保存期間は約2~3週間。毎日の料理に活用すれば便秘解消やダイエット効果も期待できます。

スポンサーリンク


酢キャベツの材料

材料

酢キャベツの材料は◇キャベツ…二分の一個◇酢…200ml~300ml◇ジップ袋(チャック付きのビニール袋)…1~2枚。お酢は、リンゴ酢・米酢・穀物酢など、お好みのものでかまいません。ジップ袋は大きいサイズのものよりも小さい袋のほうが使い勝手がいいのでおすすめです。

酢キャベツの作り方

千切り

キャベツを千切りにします。キャベツが水に濡れているときはよく乾かしてから千切りにしてください。水気をよく切っておかないと日持ちしにくくなりますので。

ジップ袋

千切りにしたキャベツをジップ袋(チャック付きのビニール袋)に詰めます。

お酢

お酢を注ぎます。注ぐ量の目安はキャベツが完全に酢につかる程度。

密封

ジップ袋の空気を抜いて密封したら酢キャベツのできあがり。冷蔵庫に入れて保存します。

酢キャベツ(作りたてと食べごろ)

冷蔵保存した酢キャベツは1週間から10日ほどで食べごろになります。上の写真の左側が作って1週間後の食べころになった酢キャベツ。右側が作ったばかりの酢キャベツ。食べごろになった酢キャベツは2週間から3週間は日持ちします。
 

ポイント!
最初にキャベツを千切りにしたとき水気はしっかり取っておいてください。キャベツが水に濡れたままお酢を注いでしまうと保存期間が短くなって日持ちしなくなります。

酢キャベツの食べ方

酢キャベツ

酢キャベツは、そのまま食べてもおいしく食べられますが、サラダに載せたり、スープや煮物に入れたり、炒め物に加えるなど、幅広いレシピに応用できます。漬けたあとのお酢は捨てずに使ってください。そのまま飲む場合は食前に大さじ1杯ほど飲むのがオススメ。酸っぱいのが苦手なかたは水で薄めたりドレッシングに入れたりしてみてください。胃腸の弱いかたは少しずつ食べてみて調子に合わせて食べる量を調節してください。

酢キャベツのアレンジレシピ

酢キャベツのミネストローネ

酢キャベツのアレンジレシピとしてミネストローネもおすすめです。食物繊維も豊富に含まれているので便秘解消やダイエットにも最適。酢キャベツを使ったミネストローネの作り方は別記事で紹介しています。

 酢キャベツのアレンジレシピ|ミネストローネの作り方

酢キャベツの効能

酢キャベツには、食物繊維が豊富に含まれているので、便秘解消に期待できるほか、お酢の脂肪燃焼効果により肥満の予防や改善にもつながります。ただし、酢キャベツを食べるだけでは体重は減りません。酢キャベツを食べると同時に、ご飯の量を減らしたり、間食をやめたりと、今までの食生活を見直した結果、体重も減っていくわけです。毎日少しずつ食べ続けていくのが酢キャベツの効能を得る秘訣です。
 

スポンサーリンク