筆王の最新版をダウンロードして2022年の年賀状を印刷してみました。

筆王で印刷した寅年用の年賀はがき

私は年賀状ソフトは筆王を使っています。1996年から使っているので、かれこれ25年になります。ソースネクストの前のアイフォーの時代からですね。今年も来年(2022年)の年賀状を作成する時期が近づいてきたので、最新版の「筆王Ver.26」バージョンアップ版(自動アップグレード付きダウンロード版)を購入。来年の干支(寅)の素材を確認しがてら何枚か自宅のプリンターで試し印刷をしてみました。 筆王も便利

続きを読む

町内運動会の挨拶原稿|スピーチにそのまま使えます。

町内運動会の挨拶原稿

町内運動会での挨拶スピーチ原稿を4例作りました。町内会長・主催者代表用と実行委員長用。町内会名や運動会の回数など具体的な箇所は置きかえる必要がありますが、そのほかの部分は、ほぼ手直しをしないでそのまま使える文面になっています。また、どういう内容をスピーチに盛り込むのか、という構成のポイントも解説しています。 町内会長・主催者代表の挨拶(1) 本日は、第○回○○町町内運動会が開催されましたこと、

続きを読む

敬老会の挨拶スピーチ原稿|町内会用の祝辞三例文

敬老会の挨拶スピーチ原稿|町内会用

町内会で行なわれる敬老会での挨拶スピーチ例文を三パターン作りました。主催者用二例(基本・簡素)と来賓用。具体的な箇所だけは自分の町内会に置きかえる必要がありますが、そのほかの部分は手直しをしないでそのまま使える原稿になっています。また、何をどういう順番で話すか、という構成のポイントも解説しています。 主催者のあいさつ|基本 みなさま、本日は「敬老の日の集い」にお越しくださいまして、ありがとうご

続きを読む

町内会・夏休みラジオ体操の開催と中止のお知らせ文例

町内会の夏休みラジオ体操の開催と中止のお知らせ文

町内会の夏休みラジオ体操の開催と中止のお知らせ文(2021年版)を二例つくりました。一例目は開催のお知らせ文。新型コロナウイルスの感染予防対策として、二班に分けて実施すること、マスク着用の見解などを入れてあります。二例目は中止のお知らせ文。開催を予定していたが、緊急事態宣言などの現状を考慮し、急きょ中止せざるを得なくなったことなどを記してあります。 夏休みラジオ体操のお知らせ文|回覧板の文面

続きを読む

町内会長の就任挨拶スピーチ例文を三パターン作りました。

町内会長の就任挨拶スピーチ例文

町内会長の就任挨拶スピーチ例文を三パターン作りました。あたりさわりのない「梅」。具体的な事例を入れた「竹」。自分の町づくりの展望を示す「松」――。「梅」は、ほぼそのままで使えます。「竹」と「松」については、具体例の箇所だけは自分の町内会に置きかえる必要がありますが、そのほかの部分は、手直しをしないですむ原稿になっています。 【梅】あたりさわりのないスピーチ みなさま、本日はお忙しい中、ご出席い

続きを読む

新型コロナで自治会の行事中止を通達するお知らせ文の文面

自治会の行事を中止するお知らせ文

新型コロナウイルス感染症の拡大防止のために自治会の行事中止を伝えるお知らせ文の文面を三通用意しました。一通目は、自治会館で行なう総会を中止して書面表決とする文面。二通目は、書面表決書の文面、三通目は、自治会館で毎月開かれている親子おはなし会を休止する文面。二通目は、新型インフルエンザ等特別措置法に基づく緊急事態宣言が発令されたことを踏まえた文章にしてあります。 定期総会中止のお知らせ文|回覧板の

続きを読む

一言主神社の石仏群|畜頭観音・庚申塔…他<茨城県常総市>

一言主神社の石仏群|茨城県常総市

関東平野のほぼ中央近くに位置している茨城県常総市の古社・一言主神社(ひとことぬしじんじゃ)。創建は平安時代まで遡ります。あまり知られていませんが、本殿裏手には石仏群があります。その数およそ三十基。庚申塔・二十三夜塔・三猿塔……。中には畜頭観音と刻まれた珍しい石塔も。風化や破損のために銘や建立年月が読みとれない石仏も多々ありますが、現地で撮影した写真とともに一言主神社の石仏群をご紹介します。 一言

続きを読む

幸手市南と中の寺社等を幸手宿観光ガイドの案内で巡った。

幸手宿 宿場あるき~幸手駅西口コース~

2020年11月28日・土曜日。幸手宿観光ガイドの会が主催する「宿場あるき」に参加しました。幸手駅西口ロータリーを起点に、祥安寺・大阿寺仲墓地・鈴木百淵夫婦の墓石・上高野神社・太子堂・日光道中と日光御成道との合流点・琵琶溜井・石井酒造・神宮寺・薬師堂・心鏡院など幸手市南と中地区の寺社や史跡を巡ってきました。 幸手宿 宿場あるき|2020年11月28日 今回、私が参加したのは「幸手宿 宿場あ

続きを読む

川口市安行領家の興禅院東側斜面林にある十三仏と千手観音

興禅院の十三仏

埼玉県川口市安行領家(あんぎょうりょうけ)にある曹洞宗の寺院・興禅院(こうぜんいん)。本堂東側崖下の斜面林を利用した木道に、十三仏と千手観音の石仏が配されています。林の中には如意輪観音や地蔵菩薩などが陽刻された野仏(供養塔)も点在。心が安らぐスポットになっています。不動明王から始まり、十三番目の虚空蔵菩薩、そして千手観音菩薩へと続く散策路の風景を現地で撮った写真とともにお伝えします。 本堂から十

続きを読む