越谷梅林公園<2017>開花情報と駐車場の地図(梅まつり日程とイベント)

越谷梅林公園の2017年の開花情報と駐車場の場所や地図・梅まつりの日程などを画像をまじえてお伝えします。2017年の越谷梅林梅まつりは3月4日(土)3月5日(日)の二日間。時間は10時から15時。開花状況は実際に撮影した写真とともに随時、更新(2017年の梅まつりは終了しました)

スポンサーリンク


 

越谷梅林公園梅まつりは終了しました。
越谷梅林公園

2017年の越谷梅林公園梅まつりは終了しました。梅まつりが行なわれた3月4日(土)5日(日)は天気も良く、二日間で5万人を超える見物客でにぎわいました。

北越谷元荒川堤

越谷梅林公園の梅の開花が終わると、北越谷元荒川堤では桜祭りが始まります。2017年の北越谷桜まつりは3月24日(金)から4月9日(日)の予定。
 
 北越谷元荒川堤<2017>桜の開花状況
 

越谷梅林公園の開花情報|2017年の見ごろは終了(3月16日)

越谷梅林公園
白加賀

越谷梅林公園の例年の見ごろは2月下旬から3月中旬。園内には紅梅や白梅など約40品種・300本の梅が植えられています。2017年の見ごろは終了(2017年3月16日)

2017年の越谷梅林公園の梅は見頃時期を過ぎましたので、開花状況の現地レポートは2017年3月16日(木)をもって終了させていただきます。来年(2018年)の開花状況の現地レポートは2018年1月下旬からを予定しています。

2017年3月4日(金)越谷梅林公園梅まつり初日の風景

梅まつり横看板
露店
模擬店

2017年3月4日(土)開花している紅梅系は、唐梅(とうばい)藤牡丹枝垂(ふじぼたんしだれ)紅冬至(こうとうじ)八重寒紅(やえかんこう)錦性梅(にしきしょううめ)筑紫紅(つくしこう)難波(なにわ)八重唐梅(やえとうばい)黒雲(くろくも)蘇芳梅(すおうばい)大盃(おおさかずき)姫千鳥(ひめちどり)日月(じつげつ)道知辺(みちしるべ)呉服枝垂(ごふくしだれ)佐橋紅(さばしこう)紅牡丹(べにぼたん)

白梅系は、白加賀(しらかが)梅郷(ばいごう)思いの儘(おもいのまま)月宮殿(げっきゅうでん)錦性梅(にしきしょううめ)が咲いています。その他、開花中に淡紅色から白色に変わる見驚(けんきょう)も見られます。







撮影日時…2017年3月4日(土)11時30分

第23回 越谷梅林公園梅まつり 2017年3月4日(土)5日(日)イベント情報

模擬店
鼓笛隊演奏
パンフレット

2017年3月4日(土)5日(日)の二日間、越谷梅林公園(自由広場)で、梅まつりが行なわれます(第23回越谷梅林公園梅まつり)。時間は午前10時から午後3時。地元自治会から模擬店が出店されるほか甘酒の無料配布や音楽演奏・ダンスなどのイベントが行なわれます。

< 2017年 越谷梅林公園梅まつりイベント情報 >

3月4日(土)

10:00~10:20 式典
10:20~10:40 児童画コンクール表彰式
11:00~14:40 大袋幼稚園鼓笛隊の演奏
12:00~12:40 埼玉県立大学 JOY のアカペラ
13:00~13:40 越谷福来龍隊のよそこいソーラン

3月5日(日)

10:00~10:30 越谷市消防音楽隊の演奏
10:50~11:20 Yosakoi 桜美輪のよさこいソーラン
11:40~12:10 大姫晩星のよさこいソーラン
12:30~13:00 フイ・ナ・マカニのハワイアン音楽演奏
13:20~13:40 M donce school のダンス
14:00~14:40 埼玉県立大学 May Be のダンス

3月4日(土)3月5日(日)両日


ウメブクロー

10:00~15:00 ゆるきゃらウメブクロー園内周遊(随時)

児童画コンクール作品

10:00~15:00 児童画コンクール作品の展示

模擬店

10:00~15:00 模擬店出店

甘酒無料配布

東屋で甘酒無料配布(なくなりしだい終了)
(1回目)11:00~(2回目)13:30~

 
 越谷梅林公園梅まつり<2017>イベント詳細
 

梅まつり期間中シャトルバスが運行されます。

無料シャトルバス

梅まつり期間中、北越谷駅西口と越谷梅林公園の間を無料シャトルバスが運行されます。運行時間は9時半から15時00分(約15分間隔)。イオンせんげん台店と越谷梅林公園の間も無料シャトルバスが運行されます(9時から15時の間に7便)

越谷市のイベント情報…第23回 越谷梅林公園梅まつり2017年の開催内容
越谷梅林公園の今日と明日の天気予報

越谷梅林公園の見頃時期の風景

観梅

天気がいい日には開花した梅の木の下でお弁当を広げてお花見を楽しむ花見客も目立ちます。

露店

元荒川の土手(越谷梅林公園・児童広場の入口前)には露店も並びます。

越谷梅林公園の主な梅(2017年の見頃時期に撮影)

紅千鳥
紅千鳥(べにちどり)

呉服枝垂
呉服枝垂(ごふくしだれ)

八重唐梅
八重唐梅(やえとうばい)

藤牡丹枝垂
藤牡丹枝垂(ふじぼたんしだれ)

蘇芳梅
蘇芳梅(すおうばい)

豊後
豊後(ぶんご)

日月
日月(じつげつ)

越谷梅林公園で見られる主な梅は、紅梅系が、鹿児島紅(カゴシマベニ)錦性梅(ニシキショウウメ)藤牡丹枝垂(フジボダンシダレ)紅冬至(コウトウジ)八重寒紅(ヤエカンコウ)江南所無(コウナンショム)道知辺(ミチシルベ)

呉服枝垂(ゴフクシダレ)佐橋紅(サバシコウ)筑紫紅(ツクシコウ)姫千鳥(ヒメチドリ)八重唐梅(ヤエトウバイ)黒雲(クロクモ)難波(ナニワ)蘇芳梅(スオウバイ)豊後(ブンゴ)日月(ジツゲツ)など。

月宮殿
白加賀
思いの儘
鶯宿

白梅は、梅郷(バイゴウ)月宮殿(ゲッキュウデン)白加賀(シロカガ)思いの儘(オモイノママ)鶯宿(おうしゅく)など。上記四枚の写真は、一枚目が満開をやや過ぎた乳白色の月宮殿、二枚目は満開の白加賀、三枚目は満開の思いのまま、四枚目は満開をやや過ぎた鶯宿。

見驚(けんきょう):開花中に桃色から白に変化する梅

見驚(桃色)
見驚(白)

越谷梅林公園内にある梅見本園に見驚(けんきょう)という品種の梅があります。野梅(やばい)系の八重咲き・遅咲きの梅で、開花の初めは桃色(淡紅色)ですが途中から白い花になるという珍しい梅です。上の二枚の写真のうち、上が桃色の花を咲かせている見驚で、下の写真が白い花に変わった見驚です。まさに見て驚く梅。

越谷梅林公園内の施設と梅林エリア

越谷梅林公園(園内マップ)

越谷梅林公園内には、白梅を中心とした「梅林」と、紅梅を中心とした「梅見本園」の梅林エリアがあります。そのほかに、多目的公園・芝生広場(大中小三箇所)・生垣広場・休憩舎・児童公園・ゲートボール場・水飲み場・トイレ(二箇所・多目的トイレあり)があります。駐車場は1箇所。台数は10台(無料)。駐車場の橫には公衆電話もあります。

トイレの場所(2箇所)

越谷梅林公園のトイレ(駐車場横)

越谷梅林公園にはトイレは2箇所あります。ひとつ目は駐車場の橫にあります(上の写真)。男子用トイレ・女子用トイレのほかに多目的トイレも設置されています。

越谷梅林公園のトイレ(園内)

二つ目のトイレの場所は越谷梅林公園内(上の画像)。芝生広場の前・水飲み場の横にあります。男子用トイレ・女子用。

越谷梅林公園の地図とアクセス

埼玉県越谷市大林203-1

拡大地図を表示

越谷梅林公園の住所は〒343-0021埼玉県越谷市大林203-1。場所は宮内庁埼玉鴨場の隣・元荒川河川敷沿い。最寄駅は東武伊勢崎線(東武スカイツリーライン)北越谷駅。アクセスは、北越谷駅西口から徒歩約20分です。越谷梅林公園の前を通るバス路線はありません。

車の場合は、草加バイパス(国道4号)元荒川橋交差点を目安に、草加方面からだと元荒川橋交差点を右折、春日部方面からだと元荒川橋交差点を右折。約200メートル先に駐車場があります。Googleマップを埋め込みしておきました(上記地図)。越谷梅林公園までのルートマップとしてもご利用いただけます。

越谷梅林公園の駐車場の場所

越谷梅林公園の駐車場

越谷梅林公園の駐車場の場所は公園入口(埼玉県道325号大野島越谷線沿い)にあります。駐車場入口に「越谷梅林駐車場 P 入口」と書かれた小さな案内板が見えます。駐車台数は10台。料金は無料。

越谷梅林公園の第二駐車場

梅の見頃時期(2月下旬~3月上旬)は、第一駐車場の前にある多目的広場が駐車場として開放されます。駐車台数は約50台。料金は無料。第一駐車場からそのまま多目的広場に入れます。

北越谷第五公園の駐車場

越谷梅林公園の駐車場ではありませんが、越谷梅林公園から約700メートル先にある北越谷第五公園の駐車場(無料)が元荒川河川敷にあるので(上記写真)そこに車を駐めて梅林公園まで歩いてもいけます。徒歩約10分。

駐められる車の台数は河川敷の脇などのスペースも利用すればなんとか50台ぐらいなら駐められますが、越谷梅林公園の見頃時期(2月下旬から3月上旬)の土日は、満車状態になってしまうことが多いです。無理やり駐めると切り返しなどができずに出るときに苦労します。

元荒川(元荒川橋下)河川敷

2月下旬から3月上旬、越谷梅林公園の梅の開花期間中、梅林公園橫(草加バイパス元荒川橋交差点下)の元荒川河川敷に車が駐められます(無料)。台数は約50台。ただし草加バイパスの元荒川橋交差点から入ってきた場合、河川敷には右折して入るので、反対車線に信号待ちの車が並んでいるときは、その前を右折するのはまず無理。

右折のウインカーを点滅させたまま止まっていると、間違いなく後続車からクラクションを鳴らされます。いったん通り過ぎて、適当な場所で切り返してUターンしてくればそのままスムーズに河川敷に入れます。ただし混雑時は車の出し入れはめんどくさいです。

梅まつり期間<2017年3月4日(土)5日(日)>の臨時駐車場について

駐車場の誘導員

梅まつりの開催に伴い、2017年3月2日(木)17時から3月5日(日)17時まで、第一駐車場と第二駐車場(多目的広場)は使えません。

越谷梅林公園梅まつり期間中(土日の二日間)は近隣小学校(大袋小学校)の校庭が臨時駐車場として開放されます( 大袋小学校の地図 )。臨時駐車場の場所については、当日、越谷梅林公園の駐車場(入口と出口)で誘導員が案内をしてくれますので、その指示に従ってください。臨時駐車場(大袋小学校)から越谷梅林公園までは徒歩約10分です。


駐車場案内図

梅まつり期間中の無料シャトルバス運行について

シャトルバス(越谷梅林公園)
シャトルバス(北越谷駅西口)

2017年の越谷梅林公園梅まつりの日程は3月4日(土)3月5日(日)の二日間。時間は10時から15時。梅まつり開催期間中、東武スカイツリーライン北越谷駅西口と越谷梅林公園の間を無料シャトルバスが運行されます。午前9時30分から午後3時30分まで約15分間隔で運行(予定)

イオンせんげん台店と越谷梅林公園の間も無料シャトルバスが運行されます。運行時間は9時から15時の間に7便(予定)

車での来場はなるべく避けたほうが無難です。
 

スポンサーリンク