医療費控除の対象は支払日が基準。診療日や請求日ではありません。

病院の領収書

医療費控除の対象は、診療日や請求日ではなく支払日が基準になりますので、年をまたがって支払った医療費は、前年度分ではなく、支払った年の医療費控除の対象になります。たとえば、12月28日に診察を行なって翌年1月10日に支払いを行なった場合は、前年の医療費にはなりません。 医療費控除の対象はあくまでも支払日。その年の1月1日から12月31日までの間に支払われた費用に対しての申告になります。領収書を整理

続きを読む

退職して再就職していない人は確定申告で還付金がもらえる可能性大

申告書A第一表

年の途中で退職して再就職をしていない人は鑑定申告をすれば税金が戻ってくる=還付金がもらえる可能性が大きくなります。中途退社で税金が還付される可能性が高い人・低い人を具体例をまじえて解説していきます。 退職は、自己都合・会社都合なと理由は問われません。結婚・出産・定年・リストラ・解雇など、どのような退職理由であっても、年の途中で退職して再就職していない場合は年末調整を受けていませんので、税金を払い

続きを読む

眼鏡の購入費用で医療費控除の対象になるもの・ならないもの

眼鏡

眼鏡の購入費用は原則として医療費控除の対象にはなりませんが、医師の指示により白内障など治療の一環として眼鏡を使用する場合は、眼鏡の代金は医療費控除の対象になります。 以下、具体例を交えながら、医療費控除の対象になるメガネ代と対象にならないメガネ代について、解説していきます。 医療費控除の対象になるメガネ代 眼鏡の購入費用が医療費控除の対象になるか、ならないかの判断基準は、使うメガネが医師

続きを読む