越谷梅林公園梅まつり<2017年>に行ってきました。

2017年3月4日(土)越谷梅林公園梅まつりに行ってきました。イベントの様子や梅の開花状況などを写真をまじえてご案内します。甘酒の無料配布には長蛇の列。開始40分で配布終了。どの模擬店の前も行列。売り切れのお店も目立ちました。観梅というよりも完売(笑)それでは越谷梅林公園梅まつりの様子をお伝えします。

スポンサーリンク


元荒川河川敷の露店と臨時駐車場

露店

越谷梅林公園に着いたのが午前10時40分。元荒川の河川敷には露店が25店ほど出店していました。焼きそば・から揚げ・焼きとうもろこし・たこ焼き・ゲソ焼き・大判焼き・バナナチョコ・綿あめ・金魚すくい…。露店の前はかなりの人混み。通るのがやっとです。

河川敷の臨時駐車場

元荒川河川敷の臨時駐車場はすでに満車。駐車場の出入口付近は、駐車場に入ろうとする車と梅まつり会場に向かう花見客が交錯して、ごった返しています。車で来なくてよかった。

越谷梅林公園の梅の開花状況

越谷梅林公園

越谷梅林公園の梅は満開でした。白梅は白加賀(しらかが)が中心。梅郷(ばいごう)と月宮殿(げっきゅうでん)は満開を過ぎていました。白加賀もよく見ると満開をやや過ぎている木も目立ちました。今年は例年に比べ越谷梅林の開花はやや早かったようです。

観梅

梅の木の下でブルーシートを広げて家族連れやグループがお花見をしていました。梅だから観梅(かんばい)を楽しんでいると言ったほうがいいのかな?

甘酒の無料配布

行列

梅林公園内に50メートル以上の行列ができていました。行列の先は東屋(あづまや)。「甘酒無料配布~11時から配布します」と書かれた紙が貼られています。甘酒の無料配布に並んでいる行列でした。現在の時間は10時45分。甘酒の無料配布まであと15分です。

甘酒無料配布

11時。甘酒の無料配布が始まりました。東屋の中で作られる甘酒が次々に運ばれてきては次々になくなっていきます。甘酒の無料配布は、なくなりしだい終了。どのくらいでなくなるのかな。

甘酒

11時40分。東屋の前を通ったら甘酒の無料配布に並んでいる人は10人ほどだったので、私も並んで甘酒をいただきました。甘くて濃厚。おいしい甘酒です。私のうしろに20人ほどの行列ができいましたが「甘酒無料配布終了」の立て看板を持った男性が来て、11時からの甘酒の無料配布は、ここで終了。2回目は13時30分から行なわれるそうです。

越谷梅林公園梅まつりイベントの様子

児童画コンクール作品

梅まつり会場(自由広場)には地元小学生の児童画コンクールの作品が展示されていました。千間台小学校・大袋東小学校・大袋小学校・大袋北小学校。どのお子さんの作品も色遣いがきれい。伸び伸びと描かれています。

鼓笛隊演奏

自由広場では、地元・大袋幼稚園の鼓笛隊の演奏が行なわれていました。園児の鼓笛隊。まわりはスマホでお子さんの演奏を撮っているパパやママたちでいっぱい。昔はビデオを肩に担いで撮影したんだけどなぁ(笑)

アカペラ演奏

幼稚園児の鼓笛隊演奏のあとは大学生の登場。埼玉県立大学 JOY のアカペラ演奏。1組目はプリンセスプリンセスの「ダイヤモンド」。2組目は、いきものがかりの「SAKURA」。かなりの実力です。さすがアカペラサークル。楽しいライブでした。

ウメブクロー

イベント会場には、地元のゆるキャラ・ウメブクローも登場。越谷梅林の「梅」と地元・大袋(おおぶくろ)地区を合わせて名づけられた「ウメブクロー」。子供たちに囲まれてけっこう人気がありました。

越谷梅林公園梅まつりの模擬店

模擬店

梅まつり会場でいちばんにぎわっていたのが模擬店。地元の自治会やボランティア会など15団体が出店。どのお店の前も行列ができていました。人が多くて歩くのもやっと(上の写真)。大盛況です。

瓶

越谷市造園業協会のブースでは越谷梅林の梅で作った梅干しが無料で配布されていました。大きな瓶に小粒の梅干しがびっしり。見るからに酸っぱそうですが美味しそうな梅干しです。

梅干し

こちら(上の画像)が越谷梅林公園の梅で作った梅干しです。小粒ですが実は柔らかく酸っぱいながらもほんのり甘さもあって美味しい梅干しです。ほんのり甘いのはハチミツかなにかに漬けてるのかな。

地元農家の新鮮野菜

いちばんにぎわっていた模擬店がここ(上の画像)。地元農家の新鮮野菜コーナー。きゅうりの古漬け200円・たくわん250円・ほうれん草100円・キャベツ150円・高菜200円・からしな菜漬け200円・里芋200円・越谷ねぎ200円…。激安スーパーのタイムセール並みの混雑ぶり(笑)

乾パンかりんとう

越谷市赤十字奉仕団のブースでは東日本大震災の災害義援金の募金が行なわれていましたので募金をしました。募金をしたお礼に乾パンかりんとうをいただきました。この乾パンかりんとうが絶品。作り方も教えていただきました。
 

< 越谷梅林公園梅まつりの模擬店の様子 >

甘酒無料配布

磯辺焼き

手作り作品

揚げ餅

ウメブクローグッズ

漬け物

綿菓子体験

花梅

団子

2017年3月4日(土)撮影

無料シャトルバス

無料シャトルバス(越谷梅林公園)

越谷梅林公園梅まつり期間中(土日の二日間)は、北越谷駅西口と越谷梅林公園の間を無料シャトルバスが運行されます。運行時間は約15分間隔。越谷梅林公園とイオンせんげん台店の間も無料シャトルバスが運行されていました。

北越谷駅西口

梅まつりを見終え、自転車で北越谷駅西口のロータリーを通ったら、ロータリーを囲むように長蛇の列が。梅林公園に行く無料シャトルバスを待つ行列です。シャトルバスは中型なので定員は30人ほど。この行列だと最後尾の人は2回は待たないと乗れないかな。

無料シャトルバス(北越谷駅)

ちょうどそこに梅林公園発のバスが戻ってきました。乗客は満員。まさにピストン輸送。でも無料シャトルバスを運行してくれるのはありがたいですね。来年は乗ってみようかな。

越谷梅林公園梅まつりの日程

筑紫紅

越谷梅林公園梅まつりは毎年、梅がちょうど満開を迎える3月上旬、3月の第一土曜日と日曜日の二日間に行なわれます。今年(2017年)は3月4日(土)5日(日)。私が行ったのは3月4日(土)。ちなみに毎年、二日間で4万人を超える来園者があります。

梅まつりは二日間ですが、越谷梅林公園には遅咲きの梅もあるので、3月中旬ぐらいまで梅を楽しむことかできます。
 
 越谷梅林公園の開花情報と駐車場の地図
 

スポンサーリンク