4月の誕生花と花言葉を使った手紙の書き出し例文

4月の誕生花と花言葉を使った手紙の書き出し例文をまとめました。あらたまった相手には使えませんが、親しい相手に送る手紙やはがきに入れると、季節感だけではなく、親しみのある文面になります。たとえば、4月7日の誕生花と花言葉を書き出しに使うと「うららかな春日和になりました。お元気ですか。今日は四月七日。誕生花は常磐桜。花言葉はしとやかな女性。まさに麻衣子さんそのものですね。」というような感じになります。

Ads by Google

4月上旬|誕生花と花言葉

藤 4月1日…オーニソガラム(純粋)4月2日…きんせんか(暗い悲しみ)4月3日…たんぽぽ(神託)4月4日…マーガレット(誠実な心)4月5日…藤(あなたに夢中)4月6日…はなずおう(裏切り)4月7日…ときわざくら(しとやかな女性)4月8日…白いチューリップ(失われた愛)4月9日…すずらんすいせん(けがれなき心)4月10日…月桂樹(栄光)
4月の誕生花と花言葉を入れた手紙の書き出しを二例ご紹介します。「春たけなわとなりました。いかがお過ごしですか。今日は四月五日日。誕生花は藤。花言葉はあなたに夢中。もう一度こんな台詞を言ってもらいたいものです。」「春風駘蕩、気持ちのよい季節となりました。今日は四月十日。誕生花は月桂樹。花言葉は栄光。小央里さんも今春、栄光を手にし、新しい高校生活を始めていることと思います。」

4月中旬|誕生花と花言葉

牡丹 4月11日…オランダあやめ(使命)4月12日…ライラック(初恋の思い出)4月13日…チェイランサス(愛の絆)4月14日…牡丹(富貴)4月15日…みやこわすれ(しばしの慰め)4月16日…アネモネ(はかない恋)4月17日…わすれな草(わたしを忘れないで)4月18日…はなにら(悲しい別れ)4月19日…薊(独立)4月20日…芝桜(臆病な恋)
4月の誕生花と花言葉を手紙の書き出しに使った文例。「若葉の萌える好季節、お変わりありませんか。今日は四月十四日。誕生花は牡丹。花言葉は富貴。貧賤な私にとっては高嶺の花でございます。」「野辺にかげろうの燃える季節となりました。いかがお過ごしですか。今日は四月十八日。誕生花はハナニラ。花言葉は悲しい別れ。私事になりますが、先月、我が家の愛犬・ロッキーが永眠。まさに悲しい別れとなりました。」

4月下旬|誕生花と花言葉

桜 4月21日…桜(優美な女性)4月22日…むしとりなでしこ(未練)4月23日…ローズマリー(思い出)4月24日…こでまり(品格)4月25日…びじょなでしこ(純粋な愛情)4月26日…矢車草(繊細)4月27日…しゃが(反抗的)4月28日…ゆすらうめ(郷愁)4月29日…かきつばた(幸福はきっとあなたのもの)4月30日…カルミア(大きな希望)
手紙の挨拶文に4月の誕生花と花言葉を入れた例文。「春風に誘われて外出の多くなるこのごろです。お変わりなくお過ごしでしょうか。今日は四月二十一日。誕生花は桜。花言葉は優雅な女性。日々忙しさに追われ、こちらは優雅とはほど遠い毎日を送っています。」「ゴールデンウィークはご家族で海外旅行ですか。今日は四月二十七日。誕生花はシャガ。花言葉は反抗的。我が家の祐輔も多感な年頃となり、反抗的な態度が出てきました。」

補足

いかがてしょうか? 手紙の書き出しに誕生花と花言葉を添えると、季節感だけではなく、親近感も増すような感じがしませんか? なお誕生花と花言葉は諸説あります。定説はありません。本記事で紹介したものも一例です。

もちろんこのような書き出しは親しい相手にかぎります。自治会便りや社内報などでも使える手法です。ただしビジネス文書には不適切。社外文書の書き出しはあくまでも紋切り型が定石です。

また、日々、散歩の途中やおでかけのときに目にした花をスマホやデジカメで撮っておくと、こうした季節のお便りや近況報告などに、自分で写した写真を入れることもできます。

ちなみに、この記事の中で使っている三枚の写真はどれも私が撮ったものです。一枚目は、埼玉県越谷市にある久伊豆神社の藤。二枚目は、東京都足立区・西新井大師の牡丹。三枚目は、埼玉県さいたま市岩槻区にある笹久保八幡神社の桜です。

関連記事

3月の誕生花と花言葉を使った手紙の挨拶文例
5月の誕生花と花言葉を手紙の書き出しに使った文例
 

Ads by Google

コメントは受け付けていません。