款冬華・水沢腹堅・ 鶏始乳|大寒の期間と時候の挨拶文

寒中見舞いの文面

冬の二十四節気・大寒(だいかん)の時期(1月20日頃から2月3日頃)に手紙やはがきに使える季節の挨拶を七十二候◇第70候・款冬華(1月20日頃から1月24日頃)◇第71候・水沢腹堅(1月25日頃から1月29日頃)◇第72候・鶏始乳(1月30日頃から2月3日頃)――ごとに、季語をまじえて解説していきます。 二十四節気<大寒>七十二候(1月20日ごろ~2月3日ごろ) 大寒。読み方は「だいかん」

続きを読む

芹乃栄・水泉動・雉始雊|小寒の期間と時候の挨拶文

寒中見舞い

冬の二十四節気・小寒(しょうかん)の時期(1月5日頃から1月19日頃)に手紙やはがきに使える季節の挨拶を七十二候◇第67候・芹乃栄(1月5日頃から1月9日頃)◇第68候・水泉動(1月10日頃から1月14日頃)◇第69候・雉始雊(1月15日頃から1月19日頃)――ごとに、季語をまじえて解説していきます。 二十四節気<小寒>七十二候(1月5日ごろ~1月19日ごろ) 小寒。読み方は「しょうかん」

続きを読む

乃東生・麋角解・雪下出麦|冬至の期間と時候の挨拶文

新年会のお知らせはがき

冬の二十四節気・冬至(とうじ)の時期(12月21日頃から1月4日頃)に手紙やはがきに使える季節の挨拶を七十二候◇第64候・乃東生(12月21日頃から12月25日頃)◇第65候・麋角解(12月26日頃から12月30日頃)◇第66候・雪下出麦(12月31日頃から1月4日頃)――ごとに、季語をまじえて解説していきます。 二十四節気<冬至>七十二候(12月21日ごろ~1月4日ごろ) 冬至。読み方は

続きを読む

閉寒成冬・熊蟄穴・鱖魚群|大雪の期間と時候の挨拶文

お歳暮のお礼はがき文例

冬の二十四節気・大雪(だいせつ)の時期(12月7日頃から12月20日頃)に手紙やはがきに使える季節の挨拶を七十二候◇第61候・閉寒成冬(12月7日頃から12月11日頃)◇第62候・熊蟄穴(12月12日頃から12月15日頃)◇第63候・鱖魚群(12月16日頃から12月20日頃)――ごとに、季語をまじえて解説していきます。 二十四節気<大雪>七十二候(12月7日ごろ~12月20日ごろ) 大雪。

続きを読む

虹蔵不見・朔風払葉・橘始黄|小雪の期間と時候の挨拶文

忘年会の案内はがき例文

冬の二十四節気・小雪(しょうせつ)の時期(11月22日頃から12月6日頃)に手紙やはがきに使える季節の挨拶を七十二候◇第58候・虹蔵不見(11月22日頃から11月26日頃)◇第59候・朔風払葉(11月27日頃から12月1日頃)◇第60候・橘始黄(12月2日頃から12月6日頃)――ごとに、季語をまじえて解説していきます。 二十四節気<小雪>七十二候(11月22日ごろ~12月6日ごろ) 小雪。

続きを読む

山茶始開・地始凍・金盞香|立冬の期間と時候の挨拶文

お礼はがき(七五三のお祝い)

冬の二十四節気・立冬(りっとう)の時期(11月7日頃から11月21日頃)に手紙やはがきに使える季節の挨拶を七十二候◇第55候・山茶始開(11月7日頃から11月11日頃)◇第56候・地始凍(11月12日頃から11月16日頃)◇第57候・金盞香(11月17日頃から11月21日頃)――ごとに、季語をまじえて解説していきます。 二十四節気<立冬>七十二候(11月7日ごろ~11月21日ごろ) 立冬。

続きを読む

霜降の期間と時候の挨拶文|霜始降・霎時施・楓蔦黄

寿退社・送別会の案内はがき

秋の二十四節気・霜降(そうこう)の時期(10月23日頃から11月6日頃)に手紙やはがきに使える季節の挨拶を七十二候◇第52候・霜始降(10月23日頃から10月27日頃)◇第53候・霎時施(10月28日頃から11月1日頃)◇第54候・楓蔦黄(11月2日頃から11月6日頃)――ごとに、季語をまじえて解説していきます。 二十四節気<霜降>七十二候(10月23日ごろ~11月6日ごろ) 霜降。読み方

続きを読む

寒露の期間と時候の挨拶文|鴻雁来・菊花開・蟋蟀在戸

喜寿を祝う会の案内はがき

秋の二十四節気・寒露(かんろ)の時期(10月8日頃から10月22日頃)に手紙やはがきに使える季節の挨拶を七十二候◇第49候・鴻雁来(10月8日頃から10月12日頃)◇第50候・菊花開(10月13日頃から10月17日頃)◇第51候・蟋蟀在戸(10月18日頃から10月22日頃)――ごとに、季語をまじえて解説していきます。 二十四節気<寒露>七十二候(10月8日ごろ~10月22日ごろ) 寒露。読

続きを読む

秋分の期間と時候の挨拶文|雷乃収声・蟄虫坏戸・水始涸

彼岸花

秋の二十四節気・秋分(しゅうぶん)の時期(9月22日頃から10月7日頃)に手紙やはがきに使える季節の挨拶を七十二候◇第46候・雷乃収声(9月22日頃から9月27日頃)◇第47候・蟄虫坏戸(9月28日頃から10月2日頃)◇第48候・水始涸(10月3日頃から10月7日頃)――ごとに、季語をまじえて解説していきます。 二十四節気<秋分>七十二候(9月22日ごろ~10月7日ごろ) 秋分。読み方は「

続きを読む

白露の期間と時候の挨拶文|草露白・鶺鴒鳴・玄鳥去

コスモス

秋の二十四節気・白露(はくろ)の時期(9月7日頃から9月21日頃)に手紙やはがきに使える季節の挨拶を七十二候◇第43候・草露白(9月7日頃から9月11日頃)◇第44候・鶺鴒鳴(9月12日頃から9月16日頃)◇第45候・玄鳥去(9月17日頃から9月21日頃)――ごとに、季語をまじえて解説していきます。 二十四節気<白露>七十二候(9月7日ごろ~9月21日ごろ) 白露。読み方は「はくろ」。大気

続きを読む

処暑の期間と時候の挨拶文|綿柎開・天地始粛・禾乃登

稲穂

秋の二十四節気・処暑(しょしょ)の時期(8月23日頃から9月6日頃)に手紙やはがきに使える時候の挨拶を七十二候◇第40候・綿柎開(8月23日頃から8月27日頃)◇第41候・天地始粛(8月28日頃から9月1日頃)◇第42候・禾乃登(9月2日頃から9月6日頃)――ごとに、季語をまじえて解説していきます。 二十四節気<処暑>七十二候(8月23日ごろ~9月6日ごろ) 処暑。読み方は「しょしょ」。暑

続きを読む

二十四節気<立秋>七十二候と時候の挨拶文(8月7日~8月22日)

ひまわり

8月の二十四節気・立秋(りっしゅう)の時期(8月7日頃から8月22日頃)に手紙やはがきに使える時候の挨拶を七十二候◇第37候・涼風至(8月7日頃から8月11日頃)◇第38候・寒蝉鳴(8月12日頃から8月16日頃)◇第39候・蒙雨升降(8月17日頃から8月22日頃)――ごとに、季語をまじえて解説していきます。 二十四節気<立秋>七十二候(8月7日ごろ~8月22日ごろ) 立秋。読み方は「りっし

続きを読む