越谷市「第6回宿場まつり」に行ってきました<2018年11月18日>

埼玉県越谷市で毎年11月の日曜日に行なわれる「日光街道 越ヶ谷宿 宿場まつり」。会場は越谷駅東口・旧日光街道沿い周辺。今年(2018年)で第6回目を迎えた「越谷 宿場まつり」の様子を写真とともにお伝えします。当日は天候にも恵まれ、名物イベントの早かごレースをはじめステージイベント・フリーマーケット・模擬店・福引き抽選会・フルートコンサートなど、さまざまな催しが行なわれ、会場は多くの人でにぎわいました。
Ads by Google

越ヶ谷小学校金管バンド演奏|オープニングセレモニー

越ヶ谷小学校金管バンド演奏 第6回宿場まつりは、越ヶ谷小学校金管バンド演奏で幕を開けました。会場はセブンイレブン越ヶ谷3丁目店の駐車場に設けられた特設ステージ。越ヶ谷小学校金管バンドの演奏もなかなかのものでした。

空手演武|極真会館 北越谷道場

特設ステージでは極真会館 北越谷道場 少年部の生徒さんたちによる空手演武も行なわれました。極真会館の空手は迫力がありますね。生徒さんの演舞も見応えがありました。空手演武の様子を動画に収めて YouTube にアップしましたので(上の動画)ご覧ください。

極真会館 北越谷道場 案内

極真会館 北越谷道場 少年部

・ 住所…埼玉県越谷市北越谷2-17-5
・ 電話番号…048-979-8408
・ 入門…随時。見学も受け付けています(要予約)
・ 備考…詳細は 公式サイト で要確認

早かごレース|越ヶ谷宿 宿場まつり名物イベント

早かごレース開会あいさつ(高橋努・越谷市長) 越ヶ谷宿・宿場まつりの名物イベントといえば早かごレース。旧日光街道に設けられたコースを「かご」を担いだチームが1組2チームずつ速さを競います。今回は26チームが出場。早かごレース開始にあたり高橋努・越谷市長からあいさつがありました。

早かごレース(スタート) 早かごレースは片道約120メートルのコースを往復。折返し地点では、カゴに乗った人がいったんカゴから降りて、折返し地点に設けられたテーブルで豆腐を一丁早食いしてからカゴに戻り、ゴールをめざします。第一組目は極真空手 北越谷道場と弥生町青年会。

早かごレース(折り返し) 上の写真は第7レースに出場した越谷・松伏水道企業団チーム。道着を着てかごに乗った女性の折り返し地点での豆腐の食べっぷりも見事。沿道は拍手喝采。

早かごレース(復路) こちら(上の写真)は東武鉄道(春日部駅管区)チーム。特急スペーシアというより各駅停車といった速さでした(笑)

旧日光街道を考える会・代表の畔上順平氏も参戦

早かごレース出場者 旧日光街道を考える会・代表の畔上順平氏も桃太郎に扮し早かごレースに参戦。余裕の表情なので好タイムが出た模様です。

福引き大抽選会

福引き大抽選会 早かごレース本部テントの隣に設けられていたのは福引抽選会場。特賞はJTB旅行券(3本)一等…高級ボディソープ(5本)二等…健康スープ和風わかめ(10本)三等…のど飴(20本)四等…缶バッジ(50本)五等(はずれ)…宿場まつり特製ティッシュ

フリーマーケット会場

フリーマーケット会場 フリーマーケット会場では、陶器・食器・古着・晴着・半纏・靴・おもちゃ・民芸品・アクセサリー・帽子・ぬいるぐるみ・バッグなどが売られていました。

ぬりえコンテスト作品展示会場

ぬりえ展示会場 越谷商工会議所前では、ぬりえ作品が展示されていました。ぬり絵は「宿場まつりのキャラクター」。今回の宿場まつり開催前に募集のあった「宿場まつりキャラクターのぬりえコンテスト」の応募作品です。ちなみに宿場まつりキャラクターの名前は御殿くん(ごてんくん)と弥生ちゃん(やよいちゃん)です。

越谷いろはカルタ取り大会|越谷地域ネットワーク13

越谷いろはカルタ取り大会 越谷地域ネットワーク13(ケネット13)では、越ヶ谷宿早わかり年表の展示、越谷いろはカルタの展示・販売のほか大版・越谷いろはカルタ取り大会や越谷まちめぐりすぐろくなどが行なわれていました。

木組みジャングルジム

木組ジャングルジム こちら(上の写真)は越谷市に拠点を置く建築会社・欅組(けやきぐみ)による木組みのジャングルジムのワークショップ「くむんだー」。ヘルメット着用で遊ぶ子どもたち楽しそうでした。

生け花展示|田中米穀店

生け花 田中米穀店では、生け花が展示されていました。古流松草派・古流大観流・池坊……。生け花は越谷市男女共同参画支援センター・ほっと越谷の花こばと会のみなさんの作品です。

模擬店コーナー

模擬店 第6回宿場まつりでいちばんにぎわっていのたが模擬店コーナー。地元・商店会のお店がそれぞれ出店。ふりぶりポテト・唐揚げ・焼き鳥・カレー・餃子・焼菓子・和菓子・コーヒー・コッペパン・点心・豆腐……。どのお店も入れ替わり立ち替わりお客さんが訪れていました。

CAFE803

CAFE803 2016年12月に越ヶ谷宿にオープンした人気のカフェ「CAFE803」(カフェはちまるさん)。焼きたてパンのほか特製!越谷ネギカレー(500円)を求めて店内もお店の外もお客さんでにぎわっていました。

まち蔵カフェ|油長内蔵(あぶらちょううちくら)

油長内蔵 江戸時代末期に建てられた蔵を曳家(ひきや)改修して、地域の寄合処(よりあいどころ)として生まれ変わった「油長内蔵」(あぶらちょううちくら)では、「まち蔵カフェ」を営業していたので、休憩を兼ねて、コーヒーをいただきました。

コーヒー いただいたのはコーヒー(和菓子付き)500円。織部焼のコーヒーカップ&ソーサがなんとも素敵。おいしいコーヒーでした。油長内蔵の住所は〒343-0813 埼玉県越谷市越ヶ谷3-19-5

フルートコンサート|八百喜・参の蔵

フルートコンサート 八百喜・参の蔵(やおき・さんのくら)では、フルートコンサートが行なわれました。演奏は、フルート演奏家・濱吉麻里子(はまよしまりこ)さん。曲目は、G線上のアリア・アルルの女のメヌエット・秋のうたいろいろ・ニューシネマパラダイス・情熱大陸・アメージンググレース……。

お茶菓子 濱吉麻里子さんのフルート演奏に耳を傾けながらお茶菓子をいただきました。素敵な音色に癒されました。

キャンドル ハナコトでキャンドルを買いました

キャンドル ハナコト 素敵な香りに魅せられて立ち寄ったのが、キャンドルとアロマワックスサシェ(火を使わない香るキャンドル)のワークショップ「キャンドル ハナコト」(CANDLE HANACOT)。香りもさることながら造形も美しいですねぇ……。

キャンドル キャンドル ハナコトのアロマワックスサシェとキャンドルに一目惚れ(笑)オレンジの香りがするクリスマスバージョンのアロマワックスサシェとキャンドルを買いました。半年ほど香りが楽しめるとのこと。仕事机の横の壁に掛けさせていただきます。

Candle Hanacot キャンドル ハナコト

キャンドル ハナコト(Candle Hanacot)

・ キャンドル、アロマワックスサシェの制作・販売
・ ワンデーレッスンやワークショップなども開催
・ 備考…詳細は 公式サイト で要確認

お話会|江戸時代の庶民の旅

お話会 糀屋(こうじや)蔵の横にある 越谷市郷土研究会 の事務所では「江戸時代の庶民の旅」と題するお話会が行なわれました。江戸時代の旅は足にできるマメに悩まされた、宿に泊まったときに忘れ物防止のために唱えるおまじないなど、講師の宮川氏によるうんちくある楽しいお話がうかがえました。

今回の宿場まつりでは、上記のほかにも越ヶ谷本町寄席・スポーツ鬼ごっこ・文教大学生による付箋くじ引きパネル・越谷 kids フェスタ(お絵描きクッキーづくり・クリスマスツリーづくり)・劇団コシガヤによるスペシャルステージなど、さまざまなイベントが行なわれましたが、編集上の都合で、写真での紹介は割愛させていただきました。

越ヶ谷宿で行なわれる主なイベント

越ヶ谷宿を巡るガイドツアー重陽の節句に参加しました。
越ヶ谷宿の雛めぐりガイドツアーに参加しました。
第493回越谷市郷土研究会史跡めぐりに参加しました。
越ヶ谷宿の甲冑めぐりガイドツアーに参加しました。

日光街道 越ヶ谷宿 第7回 宿場まつり|2019年の日程

宿場まつりチラシ 「越ヶ谷宿 宿場まつり」は、毎年、11月の日曜日に行なわれます、時間は10時~16時。雨天中止。場所は越谷駅東口・旧日光街道沿い周辺。当日は旧日光街道の一部が車両進入禁止になるので交通規制が行なわれます(9時~17時)。第7回目となる来年(2019年)の日程については、10月下旬から11月上旬ごろ越谷市のホームページにアップされます。
 

Ads by Google

コメントは受け付けていません。