4月5日の季語と俳句。清明の粉々の雨先づ聴かむ…他

4月5日にふさわしい季語と俳句をより抜きました。●紫木蓮…戒名は真砂女でよろし紫木蓮(鈴木真砂女)●清明…清明の粉々の雨先づ聴かむ(相生垣瓜人)●花見酒…仰ぐでもなし車座の花見酒(宇都木水晶花)――全24句。絵手紙や町内会便りなどにお使いください。4月5日は俳人・加藤三七子の命日なので、加藤三七子の俳句も紹介しています。 紫木蓮 紫木蓮(しもくれん)はモクレンの仲間で、黒みがかった紫色の花

続きを読む

4月3日の季語と俳句。花菜そこに神武天皇祭の波…他

4月3日にふさわしい季語と俳句をより抜きました。●桜餅…カルメンが桜餅食ふ楽屋かな(笹岡明日香)●神武天皇祭…花菜そこに神武天皇祭の波(原月舟)●隠元忌…扉に彫む一顆の桃や隠元忌(後藤夜半)●葱坊主…泊まることにしてふるさとの葱坊主(種田山頭火)――全24句。日記のネタや季節のお便りなどにお使いいただけます。 桜餅 桜餅といえば東京・墨田区にある天台宗のお寺・長命寺(ちょうめいじ)の桜餅が

続きを読む

4月1日の季語と俳句。さまざまの事思ひ出す桜かな…他

桜

4月1日にふさわしい季語と俳句をより抜きました。●桜…さまざまの事思ひ出す桜かな(松尾芭蕉)●桜鯛…桜鯛瀬戸海流に峡いくつ(鷹羽狩行)●四月馬鹿…みごもりしことはまことか四月馬鹿(安住敦)●三鬼忌…三鬼忌のハイポール胃に鳴りて立つ(楠本憲吉)――全24句。手紙やはがきの挨拶文や日記の題材などにご利用いただけます。 桜 桜を詠んだ俳句は数多くありますが、俳句では、花といっただけで桜を意味しま

続きを読む