健康診断で血糖値が200超え!糖尿病と言われて食事制限を始める前に

糖尿病の食事療法

血糖値が200を超えているようだと予備軍ではなく糖尿病。生活習慣を改善しないと神経障害・網膜症・腎症など合併症のリスクも高まります。糖尿病の治療は「薬」「運動」「食事制限」が基本となりますが、いきなりすべてをやろうとすると心が折れてしまいます。 とくに食事制限と運動はきついですからね。 食事の食べる順番を変えるだけで血糖値が下がる そこで今回は、食事の「食べる順番」を変えるだけで血糖値を

続きを読む

バリュードメインのネームサーバーをエックスサーバーに変更する手順

ネームサーバー変更

バリュードメインで取得した独自ドメインのネームサーバーをエックスサーバーに変更する手順と設定方法を画像を使って解説します。初めての方でも手順どおりに進めていけば、つまずかずに簡単に行なえます。 ネームサーバー変更の設定方法は次の三ステップです。 なおドメインはすでにバリュードメインで取得済みであることを前提に話を進めていきます。本記事ではドメイン取得や登録の仕方については解説してい

続きを読む

越谷市でいちばん古いお寺|大相模不動尊大聖寺

大相模不動尊大聖寺

埼玉県越谷市(こしがやし)でいちばん古いお寺・大相模不動尊大聖寺(おおさがみふどうそんだいしょうじ)の年中行事・駐車場・山門・境内・本堂・ぴんころ地蔵尊や境内にある名物のお団子屋さん・虹だんごなどを写真を交えてご紹介します。大相模不動尊大聖寺でいただいた御朱印の写真も載せてあります。 大聖寺(大相模不動尊)10月の行事(2018年) ●お不動様のご縁日… 10月28日(日) 第6回 落語

続きを読む

湯治で温泉に宿泊した費用は医療費控除の対象外です。

温泉

湯治で温泉に宿泊した費用は医療費控除の対象にはなりません。ただし医師の指導で厚生労働省の認定施設(クアハウス)で治療を目的とした温泉療法を行なった場合の費用は医療費控除の対象になります。 以下、具体例を交えながら解説していきます。 湯治で温泉に宿泊した費用は医療費控除の対象外 病院でリウマチやアトピーなどを治療しているけど、なかなかよくならない。温泉が効くと言われたので、観光目的ではなく

続きを読む

しっとりチョコレートブラウニーの作り方<バレンタインに!>

チョコレートブラウニー

しっとりと濃厚に仕上がるチョコレートブラウニーの作り方を写真とともに手順を追って分かりやすく解説していきます。意外と簡単に作れるのでバレンタインデーのプレゼントにも最適です。 今回ご紹介するチョコブラウニーは板チョコを使って作るので、オーブンがあれば、本格的なブラウニーが、1時間程度で簡単に作れます。 材料(用意するもの)角形(20cm)一枚分 薄力粉…150グラム ケーキ用マーガ

続きを読む

会社員も必要経費が確定申告で認められれば税金を取り戻せます。

電卓

サラリーマンやOLなど会社員でも自己負担した一部の費用(特定支出)は、条件を満たしていれば、確定申告で必要経費として認められるので、税金を取り戻すことができます。以下、給与所得者の特定支出控除について、分かりやすく解説していきます。 必要経費として認められる費用 必要経費として認められる特定支出は、①通勤費 ②転居費 ③研修費 ④資格取得費 ⑤帰宅旅費 ⑥勤務必要経費――の6項目。勤務必要

続きを読む

医療費控除の対象は支払日が基準。診療日や請求日ではありません。

病院の領収書

医療費控除の対象は、診療日や請求日ではなく支払日が基準になりますので、年をまたがって支払った医療費は、前年度分ではなく、支払った年の医療費控除の対象になります。たとえば、12月28日に診察を行なって翌年1月10日に支払いを行なった場合は、前年の医療費にはなりません。 医療費控除の対象はあくまでも支払日。その年の1月1日から12月31日までの間に支払われた費用に対しての申告になります。領収書を整理

続きを読む

退職して再就職していない人は確定申告で還付金がもらえる可能性大

申告書A第一表

年の途中で退職して再就職をしていない人は鑑定申告をすれば税金が戻ってくる=還付金がもらえる可能性が大きくなります。中途退社で税金が還付される可能性が高い人・低い人を具体例をまじえて解説していきます。 退職は、自己都合・会社都合なと理由は問われません。結婚・出産・定年・リストラ・解雇など、どのような退職理由であっても、年の途中で退職して再就職していない場合は年末調整を受けていませんので、税金を払い

続きを読む

眼鏡の購入費用で医療費控除の対象になるもの・ならないもの

眼鏡

眼鏡の購入費用は原則として医療費控除の対象にはなりませんが、医師の指示により白内障など治療の一環として眼鏡を使用する場合は、眼鏡の代金は医療費控除の対象になります。 以下、具体例を交えながら、医療費控除の対象になるメガネ代と対象にならないメガネ代について、解説していきます。 医療費控除の対象になるメガネ代 眼鏡の購入費用が医療費控除の対象になるか、ならないかの判断基準は、使うメガネが医師

続きを読む