お歳暮に天然伊勢海老とサザエをいただいたお礼はがきの文面です。

お歳暮のお礼はがきの書き方

伊豆七島の利島に住んでいる知人から天然伊勢海老とサザエをお歳暮にいただきました。生ものでしたので「ちゃんと届きました」「こんなに新鮮でした(傷んでいませんでした)」という報告も兼ね、お歳暮のお礼はがきを作成。そのときのお礼状の文面をご紹介します。イメージが伝わりやすいように実際に作ったお礼はがきを画像にもしてあります。またお歳暮のお礼はがきの書き方のポイントについても載せてあります。 伊豆七島の

続きを読む

親戚からお中元に桃をもらって書いたお礼はがきの文面

お中元お礼状はがき

親戚からお中元に桃が届きました。その日にお礼の電話を入れて、お礼はがきを翌日投函。そのとき書いて出したお礼はがきの文面をご紹介します。お中元のお礼はがき例文として、そのまま使っていただいてもかまいません。お中元のお礼はがき作成のポイントも併せてお伝えします。 親戚からお中元に桃が届いたのでその日にお礼の電話を入れる 伯父の名前でお中元に届いた桃。山梨県産。わさわざ産地に手配して贈ってくれた

続きを読む

お中元お礼状はがきの書き方と文例|取引先・親戚…<全5例文>

お中元のお礼状

お中元お礼状はがきの書き方を解説するとともに文例を5種類用意しました。◇お礼はがきを書くときの三つのポイント◇文面の構成◇文例(仕事関係)会社宛・取引先の個人宛・妻が夫の部下宛に代筆する場合◇文例(個人)知人または親戚宛・友人宛――。例文はそのまま使えるようにまとめてあります。 お中元のお礼はがき|三つのポイント お中元のお礼はがきを書くときのポイントは三つ。①その日に書いて出す。②具体的

続きを読む

9月の礼状はがき例文|前文は初秋の候・新涼の候・清涼の候…

9月の礼状はがき例文

9月に書くはがき礼状の例文(仕事関係・個人)をご紹介します。◇前文(初秋の候・新涼の候・清涼の候)◇主文(お礼の言葉)◇末文(朝夕はめっきり涼しくなってまいりました。)◇結びの挨拶(まずはとりあえず書中にてお礼まで。)――など、そのまま使える文面にまとめてあります。 9月のはがき礼状|前文の書き方(仕事関係・個人) 9月に、はがき礼状を書く場合、仕事関係でしたら、前文の時候の挨拶には、◇初

続きを読む

はがき礼状文例<8月>前文は残暑の候・晩夏の候・立秋の候…

8月の礼状

8月に書くはがき礼状の文例(ビジネス・プライベート)をご紹介します。◇前文(残暑の候・晩夏の候・立秋の候)◇主文(お礼の言葉)◇末文(厳しい残暑が続いておりますが…)◇結びの言葉(まずはお礼まで)――など、そのまま使えるひな型も用意してあります。 8月のはがき礼状|前文の書き方(ビジネス・個人) 8月に、はがき礼状を書く場合、ビジネス文書でしたら、前文の時候の挨拶には、◇残暑の候◇晩夏の候

続きを読む

7月の礼状はがき文例|前文は盛夏の候・猛暑の候・酷暑の候…

はがき礼状

7月に書くはがき礼状の文例(仕事関係・個人)をご紹介します。◇前文(盛夏の候・猛暑の候・酷暑の候)◇主文(お礼の文章)◇末文(厳しい暑さが続きますが…)◇結びの挨拶(まずは略儀ながらお礼まで)――など、そのまま使える文面にまとめてあります。 7月のはがき礼状|前文の書き方(仕事関係・個人) 7月に、はがきで礼状を書く場合、改まった仕事上の関係者宛でしたら、前文の時候の挨拶には、◇盛夏の候◇

続きを読む

6月の礼状はがき文例|前文は初夏の候・入梅の候・梅雨の候…

6月の礼状はがき文例

6月に書くはがき礼状の文例(ビジネス・プライベート)をご紹介します。◇前文(初夏の候・入梅の候・梅雨の候)◇主文(お礼の言葉)◇末文(うっとうしい毎日ですが…)◇締めの言葉(まずは取り急ぎお礼まで)――など、そのまま使える文面にまとめてあります。 6月のはがき礼状|前文の書き方(ビジネス・個人) 6月に、はがきで礼状を出す場合、改まったビジネス文書でしたら、前文の時候の挨拶には、◇初夏の候

続きを読む

地震見舞いのお礼状|ハガキ文面と書き方のポイント

地震見舞いのお礼状

地震見舞いの手紙をもらった知人に送るお礼状の書き方とポイントを解説しています。◇ハガキを出す時期◇配慮すべき表現◇文面の構成◇文例(安否を伝える例文…被災していない場合)◇言い換え文例――のほか、熊本地震のお見舞い文をもらったときに、そのまま使えるお礼ハガキの文面も紹介しています。 地震見舞いのお礼状を出す時期は状況に応じて 地震見舞いのハガキや手紙をもらった相手に、こちらの安否を知らせる

続きを読む

地震見舞い文例|ハガキの書き方とそのまま使える文面2例

地震見舞い文例

地震の被害に遭った知人に送る地震見舞い文の書き方とマナーを解説しています。◇ハガキを出すタイミング◇気をつけるべき注意点◇文章の構成◇文例(安否を確認する場合・日用品などを別便で送った場合)◇言い回し例――のほか、熊本地震のお見舞い文として、そのまま使える文面も紹介しています。 地震見舞いを出すタイミングは被災を知った二、三日中がベスト 地震見舞いのハガキは、第一報を聞いて、あわててすぐに

続きを読む

桜の季語を使った挨拶文と手紙の例文<花冷え・花曇り>

花曇り

桜の季語を使った挨拶文と手紙の例文をご紹介します。◇花冷えの意味と時期◇花冷えを使った手紙の挨拶文例◇花曇りの意味と時期◇花曇りを使った手紙の挨拶文例◇桜の季語を使ったハガキ礼状の文面――など、手紙を書くときにそのまま使えるように分かりやすくまとめてあります。 花冷えの意味と時期 桜の花の咲くころ急に寒くなることがあります。朝や夕方だけではなく、昼や夜も冷えることがあります。この寒さを「花

続きを読む

保証人を断る手紙の書き方とポイント<例文と雛形>

保証人を断る手紙

保証人を断る手紙◇連帯保証人を断る手紙◇借金の保証人を断る手紙◇身元保証人を断る手紙――の書き方とポイントを解説し、例文と雛形も紹介しています。角が立たない言い回しや言い換えなどの文例も載せていますので、相手に納得してもらえる文面に仕上げることかできます。 保証人を断る手紙の書き方とポイント 保証人の依頼を断るのは気が重いものですが、返事を引き伸ばして時機を逸してしまうと、相手に迷惑をかけ

続きを読む

借金を断る手紙の文例とひな型<友人・親戚・兄弟>

借金を断る手紙の文例

借金を断る手紙の文例とひな型を書き方のポイントを交えながら◇友人からの借金を断る◇親戚からの借金を断る◇兄弟からの借金を断る――ときの断り状を紹介しています。文面は三事例。断りの手紙に使える相手を思いやる言い換えや言い回しなどの例文も載せています。 借金の申し出を断る手紙の書き方とポイント 借金の申し出を断るのは気が重いもの。ついつい書くのがおっくうになりがちですが、返事を引き伸ばしている

続きを読む