神社の参拝はお守りを先に買って拝礼をするとご利益が高まります。

神社の参拝法

神社でのお参りの作法について分かりやすく解説しています。◇鳥居のくぐり方◇手水の作法◇拝礼の作法――。鳥居の正面を通ったり手水舎(てみずや)の柄杓を直接口に付けるのはNG。拝礼の基本は二礼二拍手一礼。よりご利益が高まる参拝の仕方についてもご紹介します。 鳥居のくぐり方 鳥居(とりい)をくぐるときは軽く会釈をしてから中央を避けてくぐります。鳥居の中央は「正中」(せいちゅう)といって神様が通る

続きを読む

カビが生えた食べ物はカビの部分を取り除けば食べても大丈夫?

ミカンのカビ

お餅のカビ・パンのカビ・みかんのカビ…。カビの発生している部分を取り除けば他の部分は食べても大丈夫? カビの生えた食べ物は、その部分を削ってもダメ。基本的にはカビが生えた食べ物は廃棄すること。お餅に生えたカビは食べても大丈夫というのは古い常識です。 カビが生えた食べ物は食べちゃダメ! お餅に生えている一見、青く見える青カビ。この中にはまったく問題ないカビもいますが、じつは毒素を作るカビも青

続きを読む

カビ対策には消毒用エタノールが効果大!畳・網戸・エアコン…

エアコンのフィルター

カビ対策で大切なのは殺菌。おすすめのカビ対策グッズは薬局で手軽に購入できる消毒用エタノール。消毒用エタノールは揮発性(きはつせい)なので水分も残らずカビを防ぐにはうってつけです。家の中でカビが発生しやすい場所と、消毒用エタノールを使った殺菌の方法を解説します。 消毒用エタノールを使った畳の殺菌の仕方 家の中でカビが発生しやすい場所は畳。畳は構造的には通気性がいいんですが、畳の上にカーペット

続きを読む

カビの繁殖を防ぐ方法|ポイントは湿気とホコリを取り除くこと

浴槽

カビの大好物といえば「湿気」と「埃」(ほこり)。カビの繁殖を防ぐポイントはカビの大好物である湿気とホコリを取り除くこと。家の中でカビの発生しやすい場所◇浴室◇押し入れ◇玄関◇下駄箱――と、カビの繁殖を防ぐ方法を場所ごとに解説していきます。 カビを防ぐポイントは湿気とホコリを取り除くこと 湿気を取り除いてカビを防ぐ 家の中で湿度の高い最たる場所はなんといっても浴室。お風呂場の湿気を取り除く

続きを読む

カビの種類と発生場所|三大カビは黒カビ・青カビ・コウジカビ

エアコンのフィルター

現在、世界的に分かっているだけでも8万種から10万種のカビがいるといわれています。よく知られているのは黒カビ・青カビ・コウジカビ。この三つは家の中に潜む三大カビ。ひとくちにカビといっても毒性のあるものから体によいカビまで千差万別。そもそもカビって何? ということで、カビの種類や発生場所などをまとめました。カビのことをよく知れば、正しいカビ対策も生まれてきます。 家の中に潜む三大カビとは?

続きを読む

食中毒予防のポイント|いちばん大切なことは…

手洗い

どんなに食中毒対策をして台所を清潔に保っていても、じつはいちばん食中毒菌をばらまいている意外な犯人が潜んでいるんです。それはあなた自身の「手」。食中毒の予防でいちばん大切なことは手を洗うこと。人の手は清潔に保たなければ、いろいろなものに菌が広がってしまうんです。 食中毒を防ぐ手洗いのポイント 手洗いのポイントは洗い方と回数。まず手のひら、次に手の甲、そして手首も石鹸でこまめに洗うこと。

続きを読む

食中毒を防ぐ台所用品の手入れの仕方と除菌スプレーの使い方

牛乳パックのまな板

食中毒菌の繁殖する条件は①温度②水分③栄養分――です。これは食材だけではなく包丁やまな板などの調理器具にも当てはまります。調理器具を適切に使わないと、食中毒菌を繁殖させてしまうこともあるんです。食中毒を防ぐキッチン用品の手入れの仕方と除菌・抗菌スプレーの正しい使い方をまとめました。 牛乳パックをまな板として使う場合の注意点 あなたは調理用具に関して、どのような食中毒対策を行なっていますか?

続きを読む

パック肉や作り置きのカレーには食中毒の危険性が潜んでいます。

パック肉

パックされた肉や魚などの保存方法や作り置きのカレーを再加熱するときの注意点をまとめました。冷蔵庫や冷凍庫で保存しても食中毒菌は死にません。むしろ菌が増殖してしまうこともあります。作り置きのカレーも同様。カレーが大好きな食中毒菌もいるんです―― 食中毒をまねく冷凍・冷蔵保存の落とし穴 夏は冷蔵庫や冷凍庫で保存すれば安心と思っているかたも多いようですが、それは禁物です。ついついいスーパーで買っ

続きを読む

食中毒を防ぐ梅干しとお酢を使ったお弁当ご飯の作り方

梅干し

食中毒を防ぐ効果の高いお弁当ご飯◇梅干しご飯◇お酢ご飯――の作り方をまとめました。抗菌効果を最大限に高めるには、梅干しご飯は梅干しを細かく刻んでご飯全体に混ぜること。お酢ご飯はご飯を炊く前にお酢を入れること。この二つがポイントです。以下、分かりやすく説明していきます。 夏場のお弁当|ご飯に梅干しも注意が必要 夏の時期、食中毒が心配なのはお弁当。あなたはどんな対策をしていますか? 「ご飯に梅

続きを読む

食中毒菌の種類(細菌・ウィルス)と発生時期

食材(鶏肉)

食中毒菌の種類と発生時期についてまとめました。食中毒菌の種類は大別すると細菌とウィルス。冬に多いのがウィルスによる食中毒。梅雨から夏場にかけて増えるのが細菌による食中毒。以下、食中毒の原因となる菌の種類と食中毒と食あたりの違いについても解説してきます。 食中毒の発生時期 2015年の食中毒の月別発生件数を見てみると、冬に多いのがノロウィルスなどのウィスルによる食中毒で、夏にかかけて猛威を振

続きを読む

食中毒を防ぐ調理のさいの注意点<鶏肉・ひき肉・魚介類>

食材(肉)

食中毒を防ぐ調理のさいの注意点を食材ごとにまとめました。◇鶏肉◇ひき肉◇魚介類――。食材によって付着する食中毒菌の種類も違ってきますので菌の特性を知ったうえで調理することが必要です。ポイントは肉類はじゅうぶんに加熱すること。魚介類は流水でしっかり洗い流すこと。以下、分かりやすく解説していきます。 肉類を調理するさいに食中毒を防ぐための注意点 肉の種類によって食中毒を起こす菌は違ってきます。

続きを読む

夏場の食中毒対策|食中毒の原因菌と食中毒予防の三原則

鶏肉

夏場の食中毒対策として知っておきたい食中毒の原因菌と食中毒予防の三原則についてまとめました。夏場の食中毒の主な原因菌は◇カンピロバクター◇サルモネラ菌◇ブドウ球菌◇ウエルシュ菌◇病原性大腸菌。食中毒予防の三原則は、細菌を◇つけない◇増やさない◇やっつける――。そのほか食中毒になったときはどうするかについても解説しています。 食中毒とは 食中毒とは、細菌やウィルスが付着した料理や食品を食べる

続きを読む