越谷市制施行60周年記念事業ファイナルイベントに行ってきました。

越谷市制施行60周年記念事業ファイナルイベント

2018年11月3日・土曜日。越谷市制施行60周年記念事業ファイナルイベントに行ってきました。会場は越谷市立総合体育館前の広場と道路。天候にも恵まれ、8,000人の来場者でにぎわいました。越谷市制施行60周年記念事業ファイナルイベントの様子を写真と動画に収めてきましたので、活気あふれる会場の様子をお伝えします。 越谷市制施行60周年記念事業ファイナルイベント 2018年11月3日で市制施行

続きを読む

第17回こしがや産業フェスタ2018の日程とイベント

越谷産業フェスタ

第17回こしがや産業フェスタ2018が、2018年12月1日・土曜日と12月2日・日曜日の二日間にわたって越谷市立総合体育館とその周辺で開催されます。商工業者と農業者が一堂に会し、市民の方とのふれあいを通して、越谷の産業への理解を深めてもらうことを目的に開催している越谷の一大産業イベントです。会場内は三つのエリアに分かれ、さまざまな催しが行なわれます。入場は無料。第17回こしがや産業フェスタ201

続きを読む

第50回越谷市民文化祭<2018年>日程とイベントプログラム

越谷市民文化祭

第50回越谷市民文化祭が、2018年11月23日・金曜日(勤労感謝の日)から11月26日・月曜日までの期間、越谷コミュニティセンター(サンシティホール)で行なわれます。越谷市民文化祭は、市民の方々の成果発表の場として毎年開催され、ピアノや演劇、手回しオルゴールなどのステージ発表や写真・絵画・書・華道などの展示などのほか、囲碁や将棋の対局、工芸体験コーナーなども催されます。入場は無料。第50回越谷市

続きを読む

ミキの作り方を写真で解説。材料はサツマイモと米と水。砂糖は不使用

ミキ(飲み物)

ミキの作り方を写真とともに解説します。ミキとは奄美大島に伝わるサツマイモと米を使った伝統的な発酵飲料。腸内環境を整える飲み物として注目を集めています。材料はサツマイモと米と水。簡単に作れます。本記事では、ミキの作り方をはじめ保存方法や賞味期限のほかに飲み方やミキの健康効果などもお伝えします。 ミキの材料と用意するもの ミキの材料は◇白米…250グラム◇サツマイモ…50グラム◇水…1リットル

続きを読む

第44回越谷市民まつりの様子を写真と動画でご紹介|2018年10月28日

第44回越谷市民まつり

2018年10月28日・日曜日。第44回越谷市民まつりに行ってきました。天気は晴れ。気温は20度を超え絶好のお祭り日和。今年も20万人を超える人が訪れ、会場は大盛況でした。第44回越谷市民まつりの様子を写真と動画に収めてきましたので、イベントやブース、ステージなどの活気あふれる様子をご紹介します。 ブース風景|第44回越谷市民まつり ブースでは越谷市内の組合や協会など46の団体が店舗を出店

続きを読む

第493回越谷市郷土研究会史跡めぐりに参加しました|2018年10月14日

第493回越谷市郷土研究会史跡めぐり

2018年10月14日(日)。第493回越谷市郷土研究会史跡めぐり「サイコーな越ヶ谷宿を再考」に参加しました。旧越谷市役所跡・東正院跡・コシガヤホシクサ発見推定地・越ヶ谷御殿跡・建長板碑をはじめ光明院の塩かけ地蔵など、旧日光街道・越ヶ谷宿周辺の史跡や歴史的建造物などを約3時間20分かけて巡ってきました。 第493回越谷市郷土研究会史跡めぐり|2018年10月14日 越谷市郷土研究会主催の史

続きを読む

越ヶ谷宿を巡るガイドツアー重陽の節句に参加しました|2018年10月6日

越ヶ谷宿を巡るガイドツアー(重陽の節句)

2018年10月6日(土)。埼玉県越谷市の旧越ヶ谷宿(越谷駅東口周辺)で開催された大人のひな祭り「重陽の節句」(ちょうようのせっく)。イベントのひとつとして行なわれた旧越ヶ谷宿を巡るガイドツアー(お茶菓子・食事付き)に参加した様子を写真とともに現地レポート風にお伝えします。古民家や人形店で公開されている貴重な雛人形や資料、歴史的建造物などを約3時間かけて巡ってきました。 越ヶ谷宿を巡るガイドツア

続きを読む

越谷市民まつり<2018年10月28日(日)>イベントスケジュール

越谷市民まつり

第44回越谷市民まつりが、2018年10月28日の日曜日に、越谷市役所周辺で開催されます。毎年、20万人以上の見物客が訪れる越谷市民まつりは、華やかな交通安全パレートで幕を開けます。会場では、市民団体による模擬店やフリーマーケット、よさこい踊りなどのイベント、越谷産野菜の販売、越谷秋祭りに使われる山車(だし)の展示などのほか、移動動物園など、数多くの催しが行なわれる予定です。第44回越谷市民まつり

続きを読む

喪中はがきの文面|父が亡くなった場合…他<印刷イメージ付き>

喪中はがき|父が亡くなった場合の文面

喪中はがきの文面を6文例作りました。◇父が亡くなった場合◇母が亡くなった場合◇夫が亡くなった場合◇妻が亡くなった場合◇義父が亡くなった場合◇義母が亡くなった場合――。喪中はがきの雛形としてそのままお使いいただけます。作成した喪中はがきの印刷イメージも画像にしてあります。 喪中はがきの文面 下記に示す喪中はがきの文面にある故人名・忌日・享年は架空のものです。文章はそのまま使っていただいてかまいま

続きを読む

喪中はがき|夫が亡くなった場合の文例

喪中はがき(夫が亡くなった場合)

夫が亡くなった場合の喪中はがきの文例をご紹介します。冒頭に「喪中につき年末年始のご挨拶は欠礼いたします」と書いて、そのあと「夫○○が○月に○○歳にて永眠いたしました」と続け、最後に「これまで賜りましたご厚情に深謝いたしますとともに明年もかわらぬご交誼のほどお願い申し上げます」とまとめます。 夫が亡くなったことは必ず明記する 喪中はがきですので、「拝啓」「敬具」などの頭語や結語は不要。近況報告な

続きを読む

喪中はがきを送っていない相手から年賀状が届いた場合の返信文例

年賀返礼の寒中見舞い

喪中はがきを送っていない相手から年賀状が届いた場合、返事は松の内が明けたあと立春(2月4日ごろ)までの間に「寒中見舞い」として出します。これを年賀返礼の寒中見舞いと読んでいます。以下、年賀返礼の寒中見舞い文例を示します。 年賀返礼の寒中見舞い文例 喪中はがきを送っていない相手から年賀状が届いたときに、年賀返礼の寒中見舞いとして出す文例を二つ作りました。レイアウトや背景のイラストは上記サンプ

続きを読む

喪中はがきの文例|家族葬の場合はこのひとことを添えて

喪中はがきの文例(家族葬を執り行なった場合)

家族葬を行なった場合の喪中はがきの文例を紹介します。一般的な年賀欠礼の文面でもかまいませんが「故人の遺志により葬儀は身内だけで執り行ないました」などのひとことを添えると、家族葬の事後報告も兼ねた喪中はがきになります。 家族葬を行なった場合の喪中はがきの文例 家族葬を行なった場合の喪中はがきの文例です。レイアウトや背景のイラストは上記サンプル画像をご参照ください(サンプル画像は「筆王Ver.

続きを読む