岩槻の花見穴場スポット|笹久保八幡神社<埼玉県さいたま市岩槻区>

岩槻の花見穴場スポット(笹久保八幡神社)

岩槻の花見穴場スポット「笹久保八幡神社」(ささくぼはちまんじんじゃ)の桜を写真とともに紹介します。正式名称は篠岡八幡大神社(しのおかはちまんだいじんじゃ)。住所は埼玉県さいたま市岩槻区笹久保810。桜の種類は染井吉野(そめいよしの)。例年の見ごろ時期は3月下旬から4月上旬。笹久保神社は岩槻の桜の名所というよりも知る人ぞ知る花見の穴場。静かにお花見を楽しめます。笹久保八幡神社で撮影した桜の画像のほか

続きを読む

桜を季語に使った俳句一覧。有名なのは芭蕉の初桜折しも今日は…

桜を使った俳句

桜を季語に使った俳句を一覧にしてまとめました。「初桜」「朝桜」「夕桜」「夜桜」「山桜」「枝垂桜」「八重桜」「遅桜」など……。桜名所で撮影した桜の花の写真も入れてあります。俳句では「桜」は春の季語。すべての句と俳人にはふりがなも振ってあります。桜を使った俳句で有名なのは、松尾芭蕉の「初桜折しも今日はよい日なり」―― 桜を詠んだ有名な俳句 「桜」(さくら)を季語に詠んだ有名な俳句。「さまざまの

続きを読む

幸宮神社の御朱印と駐車場の場所やアクセスなど|埼玉県幸手市

幸宮神社の御朱印

埼玉県幸手市(さってし)にある幸宮神社(さちのみやじんじゃ)の御朱印と駐車場の場所や境内の風景などを画像をまじえてご案内します。住所は埼玉県幸手市中4-11-30。電話番号は 0480-43-3151 。アクセスは、電車では幸手駅から徒歩約5分。車では圏央道・幸手インターチェンジから約5分――。まずは、幸宮神社でいただいた御朱印の写真からご覧ください。 幸宮神社の御朱印 上の写真は、201

続きを読む

鶴峯八幡宮の御朱印と電話番号・駐車場の場所など|古河市

鶴峯八幡宮の御朱印

茨城県古河市(こがし)にある鶴峯八幡宮(つるがみねはちまんぐう)の御朱印と駐車場の場所や境内の風景などを写真をまじえてご案内します。住所は茨城県古河市中田1337-6。電話番号は 0280-48-2127 。アクセスは、電車では栗橋駅から徒歩約30分。車では東北自動車道・加須インターチェンジから約30分――。まずは、鶴峯八幡宮でいただいた御朱印の写真からご覧ください。 鶴峯八幡宮では三社の御朱印

続きを読む

雀神社の御朱印と駐車場の場所やアクセスなど|茨城県古河市

雀神社の御朱印

茨城県古河市(こがし)にある雀神社(すずめじんじゃ)の御朱印と駐車場の場所や境内の風景などを画像をまじえてご案内します。住所は茨城県古河市宮前町4-521。電話番号は 0280-22-0477 。アクセスは、電車では古河駅から徒歩約20分。車では東北自動車道・加須(かぞ)インターチェンジから約20分――。まずは、雀神社でいただいた御朱印の写真からご覧ください。 雀神社の御朱印 上の写真は、

続きを読む

酢ごぼうの作り方と食べ方を写真とともに解説

酢ごぼうの作り方

酢ごぼう酢の作り方と食べ方を写真とともに解説します。材料は、ゴボウと黒酢。用意するものは保存容器。作り方は簡単。水洗いしたゴボウを切って→麺棒(めんぼう)などで叩いたら→保存容器に入れて→黒酢を注いで→2週間漬け置きしたらできあがり。保存期間は常温で約1か月。便秘解消や高血糖の改善などさまざまな健康効果も期待できます。 酢ごぼうの材料と用意するもの 酢ごぼうの材料は◇ゴボウ1~2本(200

続きを読む

ビジネス文書|文末の結び文例と結語

ビジネス文書の文末

ビジネス文書の文末の結び文例と結語をまとめました。◇相手の繁栄を祈る言葉◇今後の愛顧を願う言葉◇締めの言葉◇結語――を順番につなげていけばビジネス文書にふさわしい末文がつくれます。たとえば、(相手の繁栄を祈言葉)末筆ながら貴社の一層のご発展を専心より祈念申し上げます。(今後の愛顧を願う言葉)今度とも変わらぬご愛顧を賜りますようよろしくお願い申し上げます。(締めの言葉)まずは略儀ながらお知らせまで。

続きを読む

ビジネス文書|文頭の書き出し文例と前文の例文

ビジネス文書

ビジネス文書の文頭の書き出し文例と前文の例文をまとめました。◇頭語◇時候の挨拶◇祝福の挨拶◇感謝の言葉――を順番につなげていけばビジネス文書で使える前文がつくれます。たとえば、(頭語)拝啓(時候の挨拶)向春の候(祝福の挨拶)貴社ますますご繁栄のこととお喜び申しあげます。(感謝の言葉)平素は格別のお引き立てを賜り、厚くお礼申し上げます。……といった感じです。 ビジネス文書|文頭の書き出し文例 ビ

続きを読む

督促状のビジネス文書例<支払催促>一回目・二回目・最終通告

督促状のビジネス文書例<支払催促>

未払いの代金を催促する督促状のビジネス文書例を「一回目の督促状」「二回目の督促状」「最終通告文」の3種類(各2通ずつ)計6文例を用意しました。そのまま使えるように文章を整えてありますので、テンプレートや雛型としても役立ちます。一回目・二回目・最終通告それぞれの例文のあとに督促状の書き方やポイントについても分かりやすく解説してあります。 支払い催促 一回目の文例(1) 2017年10月26日

続きを読む

ありがとうございます→別の表現と言い換え例文

お礼はがき

「ありがとうございます」という気持ちを手紙やはがきで伝えるときに、「ありがとうございます」を重複させない(二回以上使わない)で、別の言葉や別の表現に置き換えると、相手に感謝の気持ちがより伝わります。たとえば、◇心からお礼申しあげます。◇感謝申しあげます。◇恐縮に存じます。◇ほんとうに助かりました。◇たいへん感激しております。◇恩にきます。◇胸がいっぱいになりました――などなど。ビジネスやプライベー

続きを読む

4月の俳句と季語|さまざまの事おもひ出す桜かな(松尾芭蕉)ほか30句

桜

4月の俳句と季語を選りすぐりました。全30句。4月の手紙にも使えるように、上旬・中旬・下旬ごとに分け、手紙を受け取った相手に、より季節感が伝わるような俳句を選んであります。たとえば4月の上旬に出す手紙やはがきに俳句を入れるなら「さまざまの事おもひ出す桜かな」(松尾芭蕉)。そしてこの句を使って小学校の入学祝い文を書くとしたらこんな感じになります―― 4月の俳句を挨拶文に入れた小学校の入学祝い文例

続きを読む

3月の俳句と季語|初桜折しも今日はよい日なり(松尾芭蕉)ほか30句

初桜

3月の俳句と季語を選りすぐりました。全30句。3月の手紙にも使えるように、上旬・中旬・下旬ごとに分け、手紙を受け取った相手に、より季節感が伝わるような俳句を選んであります。たとえば3月の中旬に出す手紙やはがきに俳句を入れるなら「初桜折しも今日はよい日なり」(松尾芭蕉)。そしてこの句を使って送別会のお知らせはがきを書くとしたらこんな感じになります―― 3月の俳句を挨拶文に入れた送別会のお知らせはが

続きを読む