越谷市のイベント<2020年4月5月6月>越谷花火大会…他

越谷市のイベント|不動橋こいのぼりフェスティバル

2020年4月5月6月に行なわれる越谷市のイベント◇出羽チューリップコミュニティフェスタ◇第17回不動橋こいのぼりフェスティバル◇越谷国際フェスティバル2020――などの日程や時間のほかイベント内容・場所・地図・アクセスなどの情報をまとめました。5月16日(土)に行なわれる予定だった越谷花火大会は新型コロナウイルス感染症拡大防止のため中止になりました。 越谷のイベント|2020年4月5月6月

続きを読む

6月の誕生花と花言葉を手紙の書き出しに入れた文例

ガクアジサイ

6月の誕生花と花言葉を手紙の書き出しに入れた文例を用意しました。親しい相手に送る近況報告や会報などに使うと文章に彩りを添えます。たとえば、6月8日の誕生花と花言葉を書き出しに使うと「木々の緑をわたる風が、目にまぶしく感じられる季節となりました。今日は六月八日。誕生花はくちなし。花言葉は私は幸せ。くちなしの甘い香りをかぐと、なんとも幸せな気分に包まれます。」というような文面になります。 6月上旬|

続きを読む

5月の誕生花と花言葉を手紙の書き出しに使った文例

花菖蒲

5月の誕生花と花言葉を手紙の書き出しに使った文例を用意しました。親しい相手に送る近況報告や旅行やイベントなどへお誘いする挨拶文などに入れると文章に彩りを添えます。たとえば、5月30日の誕生花と花言葉を書き出しに使うと「更衣の季節となりました。いかがお過ごしですか。今日は五月三十日。誕生花はアマリリス。花言葉はおしゃべり。久しぶりにお茶でもしながらおしゃべりを楽しみませんか?」というような文面になり

続きを読む

3月の誕生花と花言葉を使った手紙の挨拶文例

桃の花

3月の誕生花と花言葉を使った手紙の挨拶文例を作りました。あらたまったビジネス文書などには使えませんが、親しい相手に送る近況報告や季節のお便り、自治会通信や社内報などにも使えます。たとえば、3月17日の誕生花と花言葉を書き出しに使うと「萌依ちゃんの高校進学、おめでとうございます。お変わりなくお過ごしですか。今日は三月十七日。誕生花はレンギョウ。花言葉は希望。まさに新しい門出にふさわしいお花ですね。」

続きを読む

4月の誕生花と花言葉を使った手紙の書き出し例文

満開の藤

4月の誕生花と花言葉を使った手紙の書き出し例文をまとめました。あらたまった相手には使えませんが、親しい相手に送る手紙やはがきに入れると、季節感だけではなく、親しみのある文面になります。たとえば、4月7日の誕生花と花言葉を書き出しに使うと「うららかな春日和になりました。お元気ですか。今日は四月七日。誕生花は常磐桜。花言葉はしとやかな女性。まさに麻衣子さんそのものですね。」というような感じになります。

続きを読む

越谷市登戸町の石仏や寺社・旧家などを巡ってきました。

越谷市郷土研究会・地誌研究倶楽部主催の巡検

2020年1月30日。越谷市郷土研究会・地誌研究倶楽部主催の巡検に参加。東武伊勢崎線・蒲生駅西口を起点に、出羽堀・七左一の橋にある青面金剛像庚申塔をはじめ報土院の開山塔・地蔵菩薩像・薬師三尊と十二神将、登戸稲荷神社の文字庚申塔、旧日光街道・新越谷駅入口信号脇にある馬頭観音像付き十九夜塔など、越谷市登戸町(のぼりとちょう)周辺にある石仏や寺社・旧家などを約3時間半かけて巡ってきました。 地誌研究倶

続きを読む

越谷市増森と吉川市川藤の石仏と河川跡などを巡ってきました。

越谷市郷土研究会の史跡めぐり

2019年12月15日・日曜日。越谷市郷土研究会の史跡めぐりに参加しました。増林地区センター・公民館を起点に、せきの渡し跡・大泉院跡・宝性寺・榎戸の渡し跡・せいヶ渕跡・宝正院・薬師堂の山王廿一仏板碑・増森神社など、埼玉県越谷市増森(ましもり)地区と吉川市川藤(かわふじ)地区の石仏をはじめ史跡や河川跡などを約3時間かけて巡ってきました。 越谷市郷土研究会 史跡めぐり|2019年12月15日

続きを読む

北越谷からせんげん台の旧日光街道沿いの庚申塔などを巡りました。

観光ぷらっとこしがや

2019年12月12日・木曜日。越谷市観光協が主催する街歩きイベント「観光ぷらっとこしがや」に参加。東武伊勢崎線の北越谷駅西口を起点に、埼玉鴨場・大林香取神社・秀蔵院跡・大里稲荷神社・第六天の算額・松崎ダルマ産業・下間久里香取神社・間久里の立場など、せんげん台駅までに至る旧日光街道沿いの庚申塔や寺社をはじめ越谷の史跡・名所を巡ってきました。 観光ぶらっとこしがや|2019年12月12日 今

続きを読む

越谷市中島の庚申塔や寺社と河川を巡りました。

地誌研究倶楽部 巡検|越谷市中島地区

令和元年11月28日。越谷市郷土研究会の地誌研究倶楽部が主催する巡検に参加しました。見学したエリアは越谷市増森(ましもり)と中島地区。元荒川・新方川・中川流域の石仏を巡った様子を「増森編」と「中島編」の二記事に分けて紹介しています。今回は中島編。越谷市中島の庚申塔と寺社や河川を巡った様子を写真とともにお伝えします。 地誌研究倶楽部 巡検|令和元年11月28日 私が参加した巡検は、越谷市郷土

続きを読む